昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

田中圭(36)泥酔警察トラブルの真相と「おっさんずラブ」忘年会”酒ヤクザ”事件 内田理央、横浜流星らの前で……

「ぼくの最近あったキワドい話だと、たぶん、あの……皆さんもうご存じだと思うので、コメントは差し控えさせていただきます」

 俳優の田中圭(36)がそう話したのは、9月6日、TBSで始まる新ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」の制作発表でのこと。

田中圭 ©️時事通信社

 “キワドい話”とはもちろん、この2日前にNHKが報じた“タクシー泥酔事件”のことだ。

 田中は8月3日朝、世田谷区の自宅に向かうためにタクシーに乗ったが、泥酔状態で料金を払えず、警察に保護されたという。制作発表では共演する女優・江口のりこ(40)にツッコまれ、笑いを誘っていた。

「キワドい2人-K2-」公式ページより

1カ月遅れで報道されたのは……

「あの日、こんなご時世なので田中も最初は遠慮したようなのですが、『安心できるいい店があるから』とスタッフに誘われたそうです。撮影スケジュールがタイトで寝不足だったのもあって、かなり酔ってしまったのだと思います。警察署で休ませてもらったそうです。タクシー運転手の方にも謝りの電話をして、もちろん料金も支払っています。大した話ではないと思うのですが、大々的に報道されて驚いています」(事務所関係者)

 たしかに8月3日の泥酔トラブルを、NHKは9月4日に報道している。事務所にしてみれば1カ月も前の話をいまさらなぜ……というところだろうが、それには、NHK内の事情も関係していたようだ。テレビ関係者はこう説明する。

「例年、NHKの人事異動は夏ですが、今年は東京オリンピックの影響でずれて、ちょうど9月4日が人事発令の当日でした。警察の担当記者も挨拶回りをするので、異動の日は新しい情報が出やすい。タイミング的にはそのケースに見えます。民放と違ってNHKの記者は芸能事務所にも忖度しないですしね」

「アンサング・シンデレラ」公式ページより

豪華メンツの忘年会で「酒ヤクザ」に

 一方で、ある芸能プロ関係者は「とうとう出てしまったか」と肩を落とす。

「田中の酒グセの悪さは業界でよく知られています。ドラマの役どころのお蔭で、誠実で爽やかな好青年のイメージを持っている人も多いようですが、飲み会での田中はとにかく飲み方が酷い。酒席での“豪快伝説”も数え切れないほどなんです」