昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ガムテープで顔面ぐるぐる巻き、ハンマーで頭部40回殴打……“名古屋闇サイト殺人事件”被害女性が「どうしても守りたかったもの」

映画『おかえり ただいま』が描く家族 #1

2020/09/19

 2007年8月24日。夜も更けた23時過ぎ、名古屋市内で事件は起こった。駅から歩いて帰宅途中の女性(当時31歳)が、我が家まであと100mという場所で、3人の男に車で拉致・殺害され、最後には山中に遺棄された。世間を震撼させた「名古屋闇サイト殺人事件」。インターネットでのやり取りをきっかけに手を組んだ男3人が、金を奪う目的で通りすがりの女性・磯谷利恵さんを襲ったというあまりに有名な事件だ。(全2回の1回目/#2に続く)

連行される「名古屋闇サイト殺人事件」犯人の1人 ©️東海テレビ放送

◆◆◆

通りすがりの「真面目でおとなしそうなOL」を襲った3人組

 犯人である3人の男たちは、事件を起こす直前に知り合ったばかりだった。出会いの場は携帯電話サイト“闇の職業安定所”。

「刑務所から出てきたばかりで、派遣をやっています。実にばかばかしい。何か組んでやりませんか」という、犯人の1人、川岸の書き込みに反応した2人の男、堀と神田。「何か一発やりますか?」「以前は詐欺をしていたのですが、貧乏すぎて強盗でもしたい位です」。こうして3人の犯人たちは動き出した。

 すでに10年以上が経過し、当該のサイト“闇の職業安定所”はすでに閉鎖されているものの、犯罪の温床となる類似した闇サイトは現在も存在しているというから、同様の事件が明日起きる可能性もある。

 事件当夜、獲物となる人物を物色していた犯人たちは、真面目でおとなしそうな利恵さんに目をつけた。車を止め、道を尋ねるふりをして声を掛ける。そして一瞬の隙を突いて利恵さんの口を塞ぎ、155センチと小柄な体を軽々と持ち上げミニバンに放り込み、あっという間に立ち去った。その間わずか1~2分。そして、その2時間ほどのちに、利恵さんは殺害される。

 この事件が衝撃的なのは、1つには犯人たちの証言をもとに明らかとなった、ハンマーを使ったという残忍な利恵さんへの暴行。そしてもう1つ、この恐怖の体験に対し、利恵さんが毅然と立ち向かったという事実だ。彼女には犯人たちの欲求に抗って、何としても守りたいものがあったのだ。