昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

闇サイト殺人事件 残虐な犯行に対する「死刑判決」はなぜ覆ったのか

被害者女性は「2960(ニクムワ)」のダイイングメッセージを残した

 ネット掲示板「闇の職業安定所」で集まった互いに素性を知らない男たちが起こした凄惨な事件「闇サイト殺人事件」。何の落ち度もない被害者女性に対し、金目的で無差別に牙を剥くという無軌道な犯罪を起こしていながら、実行犯3人のうち2人は無期懲役判決が確定し、被害者遺族を落胆させた。この判決に至った理由とは一体何だったのだろうか。

『死刑賛成弁護士』(文春新書)より、さまざまな事件に携わってきた弁護士による死刑制度への思いを引用し、紹介する。

筆:宇田幸生(弁護士)

◇◇◇

犯人の執拗な脅しのなかで利かせた機転

 いわゆる「闇サイト殺人事件」とは、2007年8月24日に名古屋市千種区の閑静な住宅街で帰宅途中の磯谷利恵さん(当時31歳)が、3人の男に突如、拉致されて、金品を奪われたうえに、残虐な方法によって殺害され、亡骸を山林に遺棄された事件を言います。この事件の特殊性は、犯人らが犯罪仲間を募るインターネット上の掲示板「闇の職業安定所」を通じて知り合ったことでした。

 それまでは互いに見ず知らずだった男らが、犯行の数日前に闇サイトを通じてグループを結成したうえで短期間で凶悪な犯行に及んだことは、社会を震撼させ、メディアにおいても度々報じられました。

 犯人らは犯行グループを形成するにあたり、互いが少しでも他のメンバーよりも優位に立とうと虚勢を含めた様々な犯罪歴を披露し自らの力を誇示しあいました。そして、犯行計画についても、それぞれの過去の犯行経験を共有しながら次第に巧妙で凶悪な計画を推し進める方向になりました。その結果、手っ取り早く楽にお金を稼げる手段として、真面目で貯金をしていそうなOLを標的にした強盗殺人を計画するに至ったのです。

©iStock.com

 犯人らは、金槌やロープ、包丁などの凶器を事前に準備したうえで、利恵さんに狙いを定めて犯行を実行に移しました。利恵さんを車内に拉致すると、キャッシュカード類の金品を奪い、カードの暗証番号を聞き出すべく脅迫行為を続けました。その脅迫文言は、覚せい剤を用いたレイプを仄めかすものや、包丁をちらつかせて切れ味の悪い包丁だから簡単には絶命しないだろうと脅すもの、命を奪うまでのカウントダウンをするなどという内容であり、車内で長時間に渡って屈強な犯人らに囲まれた利恵さんの恐怖は想像を絶するものでした。

偽の暗証番号に込められた思い

『死刑賛成弁護士』(文春新書)

 しかし、利恵さんはそんな犯人らの執拗な脅しに屈することなく、預金払戻しを阻止するため、最後には機転を利かせて事実と異なる暗証番号「2960」を犯人らに告げたのでした。この「2960(ニクムワ=憎むわ)」の番号の意味するところについては、極限状況におかれたなかでの利恵さんの思いが込められたダイイングメッセージとして、これまでにもメディアで繰り返し取り上げられています。

 暗証番号を聞き出した犯人らは、これほどの脅迫で聞き出した番号にまさか間違いはあるまいと思い込み、その場で預金の払戻しを試すこともなく、もはや用済みとばかりに、車内で命乞いをする利恵さんの首を腕で絞めつけ、金槌で頭部を何度も殴打し、ロープを頸に巻き付けてさらに頸を締め付けるなどして、最後まで生きようとし続けた利恵さんを絶命させ、その亡骸を山中に遺棄したのです。その犯行態様は凄惨かつ容赦のないものであり戦慄を覚えざるを得ないものでした。