昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

池上彰が『反日種族主義』編著者の李栄薫氏に聞く “唾を吐きかけられても出版するんですか?”

『日本VS韓国 対立がなくならない本当の理由』より

source : ノンフィクション出版

genre : ニュース, 社会, 国際, 歴史

 日韓両国で話題の『反日種族主義』。編著者である李栄薫(イヨンフン)氏に、池上彰氏がインタビューを行った。韓国の反日の根源は何か、『日本VS韓国 対立がなくならない本当の理由』より、その一部を紹介する。

◆◆◆

編著者の李栄薫元ソウル大教授に真意を聞く

 ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)からほど近い場所にある李承晩(イスンマン)学堂を訪ねました。入り口には李承晩・初代韓国大統領の若い頃の写真が掲げられています。

 李承晩学堂は、李承晩元大統領が自由へのどんな思いを持っていたのか、あるいは韓国をどのような国にしようとしていたのか、それを歴史的に検証しようという趣旨で設立されました。私塾、すなわち私設の教育機関で、できたのは2016年です。『反日種族主義』の編著者、李栄薫さんは、この学堂の校長を務めています。

 取材で訪れた日は、李さんが「大韓民国建国の基礎」「李承晩の『独立精神』を読む」などのテーマで講義をしていました。私たちも一番後ろで聴講させてもらいました。

李栄薫元ソウル大教授

 見たところ、30代、40代から高齢者まで多様な年齢層の人が集まっています。前列には中学生らしき生徒の姿も見えました。

 なぜ講義を受けようと思ったのか、受講生に話を聞いてみました。

男性A 李栄薫先生の視点は斬新で、多少衝撃的ではあるが、多くのデータと事実を根拠にしているので真実に近づけると思ったからです。(50代公務員)

男性B 今まで反日的な教育を受けてきましたが、すべて日本の帝国主義が悪いという教育は少し納得ができないこともあったからです。世界的な観点から韓国史を勉強したくて講義を受けに来ました。(20代アルバイト)