昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《竹内結子さん逝去》人気俳優はなぜ死を選ぶのか? 専門カウンセラーが“芸能人の孤独”を解説

結婚を反対され、自殺を図った女優Aはなぜ回復できた?

 人気女優の竹内結子さんが死亡した(享年40)。現場の状況から自殺とみられている。9月27日(日)午前2時ごろ、東京 渋谷区の自宅マンションの部屋で、亡くなっているのを家族が見つけたという。

 7月には、俳優の三浦春馬さん逝去の報に接したばかりである(享年30)。

「文春オンライン」では当時、明星大学心理学部心理学科准教授で、芸能人のカウンセリングも行う臨床心理士の藤井靖氏に話を聞いた。

竹内結子さん ©時事通信社

 類い希なる才能に恵まれた三浦さんや竹内さんのような俳優が、なぜ自死という選択をしてしまったのか。「芸能人という特殊な職業は、孤独に陥りやすい条件が揃っている」と藤井氏は分析。藤井氏は複数の芸能事務所と契約し、実際に芸能人のカウンセリングも担当している。芸能人が陥る孤独は、私たち一般人のそれとはどのように違うのだろうか。

 藤井氏のインタビュー記事を一部編集の上、再公開する。(初出8月1日、日付、年齢、肩書きなどは公開時のまま)

◆ ◆ ◆

とりわけ特殊な芸能人の心の問題

「自殺に結びつきやすい精神疾患というと、うつ病や統合失調症、依存症、パーソナリティ障害などがあります。しかし三浦さんに関していえば、報道やインタビューなどを見ている限りでは診断名がつくような疾患を抱えていた可能性は限りなく低いのではないか、という印象を受けました。

 私は精神疾患や障害など診断名がつく方だけではなく、不登校やいじめ、引きこもりなど診断名がつかないけれども心に深い悩みを持っている方をカウンセリングしています。私は複数の芸能人の方のカウンセリングも担当してしますが、不調を訴える芸能人の方の多くも、その“診断名がつかない”というカテゴリーに含まれることが多い。診断名がつかない方が抱える心の問題は人それぞれですが、芸能人をはじめ著名人の方の問題はとりわけ特殊です」(藤井氏、以下同)