昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

読者も一緒に成長を見守ってきた猫のちーちゃん

撮影 榎本麻美

 表紙ではおなじみ、猫のちーちゃん(「チビ」がいつのまにか「ちーちゃん」になった)。はじめは純野良、少しずつ家族らしくなり、今ではすっかり和田家の猫だ。表紙でも、時を経るごとにちーちゃんの表情が穏やかになっていく様が分かって、愛らしい。

 和田さんが亡くなった時は、ふだんはあまり入りたがらない骨壺のある和室に入って、和田さんの側を離れようとしなかった。

2009年5月21日号〈MA-DO-RO-MI〉

見たままではなく、感じたままに一工夫。

収蔵 多摩美術大学アートアーカイヴセンター/撮影 釜谷洋史

 仕事場のハサミは、ただ見たままを描くのではなく、想像で石と紙を足し、遊び心を忍ばせた。

1979年4月19日号〈ジャンケン娘〉