昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“ジャニーズの中間管理職”A.B.C-Z河合郁人が歓楽街・五反田で途中下車した夜《スクープ撮》

 その日はあいにくの雨だった。10月8日夜、出演する舞台「俺たち応援屋!! On Stage」(日本青年館ホール 10月3日~28日)の公演を終えたA.B.C-Zの河合郁人(ふみと・32)は、品川区の五反田駅近くで送迎車を降りると、一目散にガード下の方へ、傘もささずに歩き始めた。グレーのジャケットとパンツにマスク姿で、周囲を警戒する様子もあまりない。

五反田のガード下を通る河合 Ⓒ文藝春秋 撮影・細田忠

 その足取りはどことなく軽やかにみえる。一体、どこへ向かおうとしているのか。最近とみにバラエティ番組での活躍が目立ち、「ポスト中居正広」とまで呼ばれ始めた“遅咲きのジャニーズ”。取材班はその足取りを追った。

河合はA.B.C-Zのバラエティ担当

 A.B.C-Zは2008年8月に結成されたジャニーズ事務所所属のアイドルグループだ。メンバーは河合のほか、橋本良亮(27)、戸塚祥太(33)、五関晃一(35)、 塚田僚一(33)の5人。ライブでは華麗なダンスとアクロバットでファンを魅了するが、河合はそのライブでMCを担当するなど、塚田と共にグループの“バラエティ担当”である。

河合郁人 Johnnys netより

「『ジャニーズNo.1のジャニーズ通』としてもファンの間では知られており、最近では、先輩である木村拓哉(47)の歌マネや、嵐の松本潤(37)のダンスを細部にわたるまで“完コピ”する、マニアックな“ジャニーズものまね芸”がウケて、テレビのバラエティ番組に引っ張りだこです。2020年5月に放送された『ものまねグランプリ 次世代ものまね芸人No.1決定戦&歌ものまねNo.1決定戦スペシャル』(日本テレビ系)に参加した際には、得意のジャニーズものまねをふんだんに披露し、初出場ながら見事、準優勝しました。

初の冠番組「ジャニーズ河合がジャニーズのコト勝手に全部答えます‼」番組HPより

 今年9月19日、26日には自身初の冠番組『ジャニーズ河合がジャニーズのコト勝手に答えます‼』(テレビ朝日系)が2週にわたり放送され、『KinKi Kidsの光一君と剛くん、腕相撲が強いのはどっちですか?』など、ジャニーズファンの視聴者から事前に寄せられた3千以上の質問について、1人でひたすら答え続け、その溢れる“ジャニーズ愛”を見せつけました」(スポーツ紙記者)