昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

宇宙Six賭博でジャニーズの若手派閥「宮田会」メンバーが“事情聴取”された! “オタク系J”キスマイ宮田俊哉の正体とは?

ヤンチャ系ジャニーズも心酔

2020/10/13

genre : エンタメ, 芸能

 10月2日、ジャニーズ事務所はJr.内ユニット「宇宙Six」の山本亮太(30)の専属契約解除を発表した。残りのメンバーである松本幸大(31)、江田剛(32)、原嘉孝(25)の3人が“連帯責任”という形で解散を申し出たこともあり、3日付で宇宙Sixは解散することになった。理由は山本が“闇スロット店”に頻繁に出入りしていた事実が「文春オンライン」の取材で明らかになったからだった。同時に、乱倫な女性関係も発覚した。

9月10日、闇スロット店から札束をもって出てくる山本 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

山本も一員だった「宮田会」メンバーへの事情聴取

 ジャニーズタレントが起こした前代未聞の違法賭博事件。闇スロット店に複数回通っていたことが裏付けされた場合、3年以下の懲役が科される常習賭博罪で立件される。複数回通っていたことの裏づけが難しくても、50万円以下の罰金が科される単純賭博罪にあたる犯罪行為だ。報道後、ジャニーズ事務所は他の所属タレントにも“事情聴取”を行ったという。スポーツ紙芸能記者が明かす。

「事情聴取を受けたといわれているのは、Kis-My-Ft2の宮田俊哉(32)を慕うメンバーで構成されている『宮田会』です。元宇宙Sixの山本も宮田会の一員だった。この会のメンバーはとても結束が強く、仲が良いので、“違法賭博”が仲間内で蔓延していないか、事務所も気が気ではなかったのでしょう」

Johnny's netより

 宮田会はKis-My-Ft2の玉森裕太(30)と北山宏光(35)をはじめ、Snow Manの目黒蓮(23)と佐久間大介(28)、Travis Japanの川島如恵留(25)と吉澤閑也(25)、元MADE稲葉光(29)ら同世代ジャニーズを中心に構成されている。

 A.B.C-Z塚田僚一(33)も、自分でも「塚田会」という集まりを持っているが、アニメ好きなHey!Say!JUMP薮宏太(30)とともに「宮田会」の集まりに強引に合流。2人が宮田会に参加する際は「宮田会改」と呼んでいるという。

宮田会の実態は“宮田くんファン”の集まり

 違法賭博に関して事情聴取を受けたと聞くと、危ない遊びに手を出している“ヤンチャ系ジャニーズ”の集まりなのではないかと勘ぐりたくなるが、内実は少々違うようだ。

「宮田会メンバーはみんな宮田くんのことが大好きで、実態は“宮田くんファン”の集まりと言っていいかもしれません。『宮っち大好きジャニーズが集まってご飯を食べる会』です。プライベートで一緒に食事をしたり、頻繁に連絡を取り合ったりしています。LINEグループもあって1日に何十通もメッセージが飛び交っているそうです。中心になっている宮田くんがヤンチャとは程遠いキャラクターなので、宮田会自体はほのぼのとした集まりですよ」(女性誌編集者)