昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《スクープ撮》ジャニーズ「宇宙Six」山本亮太は“闇スロット”の常連だった! 美女と一緒に早朝まで

genre : エンタメ, 芸能

 ジャニーズJr.内の人気ユニット「宇宙Six」に所属する山本亮太(30)が東京・新宿歌舞伎町にある“闇スロット店(風営法に基づく許可を受けていない無許可営業の店舗)”に頻繁に出入りしていることがわかった。言うまでもなく、闇スロットで遊技することは「賭博罪」にあたる違法行為である。「文春オンライン」特集班は山本が札束を手にして、闇スロット店を出入りする様子を撮影した。

山本亮太 j-island.netより

 現役ジャニーズタレントによる公然たる違法行為という“前代未聞のスキャンダル”の詳細を伝える前に、その当事者である山本亮太について振り返っておこう。

札束を手に闇スロット店から出てきた山本 Ⓒ文藝春秋 撮影・細尾直人

「山本は2001年にジャニーズ事務所に入所したジュニア歴19年の大ベテランで、ジュニア内では滝沢(秀明)副社長にももの申すことができる兄貴分として慕われています。アクロバティックなダンスに定評があります。自分のことを『亮ちゃん』と呼ぶ、“愛されオバカ”キャラとしても人気です。

 以前はジャニーさんが手がけたジャニーズJr.内のユニット『They武道』で活躍していました。先輩ジャニーズ、特に堂本光一に可愛がられていましたね。『Hey! Say! JUMP』の薮宏太や伊野尾慧と同期で、プライベートでは『Kis-My-Ft2』の宮田俊哉と仲がいい」(ジャニーズ担当記者)

仕事がない日は朝から晩までパチスロ三昧 

 山本が所属するユニット「宇宙Six」は2016年11月11日に決成。ユニットの名づけ親は2019年に亡くなった事務所創設者のジャニー喜多川氏だ。結成当時はユニットの名前どおりメンバーは6人だったが、現在は山本のほかに、江田剛(32)、松本幸大(31)、原嘉孝(25)の4名で活動している。

「『宇宙Six』は16年、嵐のライブのバックダンサーとしてファンに初お披露目されました。当時は人気も勢いもありましたが、18年にメンバーの林翔太(30)がユニットを脱退。19年には、目黒蓮(23)が、兼任していたユニット『Snow Man』がメジャーデビューし、そちらの活動に専任するのに伴い、脱退しました。現在の4人体制になってからは勢いが停滞気味で、いまだにメジャーデビューできていません」(同前)

宇宙Six  左から原嘉孝、山本亮太、江田剛、松本幸大 j-island.netより

「文春オンライン」では今年2月8日、ユニットメンバーの松本幸大がモデル風美女と“お泊まりデート”したときの様子を報じたが、この時期には既にユニットの人気に陰りが見えていた。そして、ユニットの活動が停滞するにつれ、自暴自棄になっていったのが山本だった。