昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

「偽名は使っていましたけど、彼がジャニーズ事務所所属の現役タレントだというのは、客やアフターで『K』に来るキャバ嬢の間でも噂になっていた。山本くんは、たまに女性同伴で『K』に来ますが、連れの女性はいつも山本くんのスロットが終わるまで何もせず、健気に待っていました。

謎のホステス風の美女を連れて

 山本くんは、基本的には毎回負けては、大声で『もう2度と来るか!』と捨て台詞を吐いて店を出ていく。でも、1週間くらい経つと『K』や『P』にケロッとした顔で戻ってきて、また負けて帰るということを繰り返しています。店にとっては、完全な“カモ”ですよ。10日に来たときも、一度夜にスッカラカンになりコンビニで慌てておろして、朝までやって少し取り返して帰っていきました」(同前)

札束を握って歩く山本 Ⓒ文藝春秋 撮影・細尾直人

 さらに取材を進めていくと、もう一つ気になる事実が浮かび上がってきた。9月4日の早朝、「K」を出た山本は隣にホステス風の美女を連れていた。推定20代、顔立ちの彫りが深いハーフ系の美人だ。3日の深夜に「K」で山本と合流したのだろう。山本は美女とコンビニに寄った後、2人でタクシーに乗り自宅方向へと帰っていった。

9月4日早朝、美女と闇スロット店から出てきた山本 ©文藝春秋 撮影・細田忠
9月4日早朝、美女と闇スロット店から出てきてタクシーで帰宅する山本 ©文藝春秋 撮影・細田忠

 前出の山本の親しい人によると、「この女性は山本の女友達であり、本命の彼女は別にいる」という。取材班は9月10日以後も、山本の違法闇スロット通いの実態を取材してきたが、その過程で彼の“もう一つの顔”を知ることになった——。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(38枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z