昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

真剣婚活中の30代に教えたい、マッチングアプリの「危険人物」3タイプ

2020/11/05

source : 提携メディア

genre : ライフ

マッチングアプリの危険回避法 30代で真剣婚活をしている人の熱い視線

実際危険なことはないの?

 

 コロナ渦で出会いの機会が制限される中、気になるマッチングアプリの存在。変な男の人がいないか、騙されやしないか……気になってはいるけれどちょっと怖さもありますよね。マッチングアプリで危険を回避する方法を、要注意人物別に紹介していきます。


本当に怖いマッチングアプリに潜む罠

 

 昔と比べ、コロナの自粛の影響で飲み会などの機会も減り、マッチングアプリは随分と身近な存在になりました。しかし、気軽に始められる分、危険はつきもの。巷ではマッチングアプリで出会った男性と男女の関係になった途端、音信不通になってしまったという悲しい出来事も起きています。

 4回目のデートで油断して身体を許してしまって以来、既読無視が続いているという実例も。少し本気度をちらつかせてからの音信不通は、ダメージが大きいですよね。

見つけたら即回避! 3大危険人物

 

 真剣度の低い遊び目当ての男性や、アプリ上での出会いをビジネスの場だと勘違いしている男性など、実にさまざまな人物がマッチングアプリには潜んでいます。

 絶対に引っかかりたくないと思いつつ、回避方法を知っていないとうまく立ち回れない場合も。マッチングアプリに巣くう、3大危険人物の見分け方や回避術を解説します。

◆とにかく夜飲み一択のワンナイト目的男

「今何してるの? 飲みに行かない?」
「俺の家で映画でも見ながら飲まない?」

 こんなメッセージが送られてきたらちょっと気をつけて。あらゆる手を駆使してとにかくお酒を飲ませたがる、ワンナイト目的男かもしれません。お酒の力を使ってなんとか女性の判断を鈍らせようと企んでいるかも。終電がなくなる間際に飲みに誘って、帰れなくさせるのも常套手段です。

「怪しいな」と思ったら、まずは昼のデートを提案し様子を見てみましょう。

◆キラキラアピールがすぎる勧誘男

 やけにプロフィール画像が高級車や旅行の写真など、お金持ちアピールしてくる男性がいたら要注意。インターネットビジネスなどを誘ってくる勧誘男の可能性があります。