昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/05

source : 提携メディア

genre : ライフ

マッチングアプリの危険回避法 30代で真剣婚活をしている人の熱い視線

 この手の男性はデートの約束をこぎつけると、「会わせたい人がいるから」などと言って、仲間を連れてくることもあります。2人以上から勧誘されたら、逃げるのも至難の業。会ってから後悔しないためにも、プロフィールは念入りにチェックしましょう。

「夢」や「ライフワーク」などといった言葉を多用し、「充実した人生でキラキラ輝いている俺」をアピールしているアカウントは注意してくださいね。

◆素性もプライベートも謎に包まれた既婚男

 もっとも会いたくないのが、独身と偽る既婚男。独身女性の貴重な時間を食い物にする、最大の危険人物です。

 既婚男を見分けるには、メッセージをやり取りするなかでの反応をチェック。プライベートの詳細を伝えたがらない、土日になると途端に連絡が取れなくなるなんて反応があったら黄色信号です。

 切り札として次の言葉を用意しておきましょう。

「どのあたりにお住まいなんですか?」

 既婚者の場合、自宅近くでばったり会って家族に見られることだけは避けたいので、教えてくれない可能性が高いです。

本気度高めのマッチングアプリ3選

 

「できるなら、そんな変な男には引っかかりたくない……」と思うのは当然ですよね。リスク回避のためにも危険度合いの低いマッチングアプリを選ぶのが吉。安心できる要素を持つおすすめアプリを3つ、ご紹介します。

◆身分証明書の提出あり「マッチ・ドットコム」

 アメリカ発のマッチングアプリ。上場企業が運営していることも安心材料の1つです。

 登録には、身分証明書の提出が必要なので、本人確認が徹底されています。さらに有料会員になる際はクレジットカード証明をはじめとした、7種の証明書が発行可能。本人証明だけでなく、独身証明や収入証明まで確認できます。さすがに証明書を偽造するほどの人はそういないでしょうから、真剣度が高めのアプリといえそうです。

マッチ・ドットコム

https://jp.match.com/