昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/16

むらかみくんはそのせなかをみているはず

村上宗隆(右)と ©つば九郎

 むらかみくんのこえが、ことし、べんちでよくきこえた。きょねんから、むらかみくんは、あおきくんのせなかをみているきがしていた。ちかいしょうらい、かならず、むらかみくんが、ちーむりーだー、せいしんてきしちゅうになることでしょう。いいことも、わるいことも、すべてをかんじとってほしい。

 すわろーずには、すばらしいせんぱい、それにでんとうがあります。あおきくんは、それをわかてにつたえようとしてます。みんなが、かちにどんよくになって、おなじこころざしをもったとき、90ねんだいをこえる、れいわさいきょうすわろーずになるとしんじています。

 さいしゅうせんのおわったあと、あおきくんに、おつかれさま。ゆっくりやすんでまたらいねんがんばろうと。らいんしました。

 するとすぐに、11がつは、ゆっくりやすみます。12がつから、またすこしすこしと。かぞくさーびすもしないとな~。と。

 さらに、つばくろうもおつかれさま。つばくろうも、まだまだらいねんいこうも、さらにおふもがんばってね! きたいしてます!!!

 なみだでた。なんかうれしくて、ぱとろーる、わすれないでね!と、へんしんしました。

 いまだに『きどくする~』です。

 であいもわかれも、さみしいじきですが、それぞれのきもちをうけつぎ、またそれぞれが、せいちょうしてほしいなと。

 ふぁんのみなさんには、つらいしーずんにさせてしまいごめんなさい。でも、さいしゅうせんのあと、かんとくあいさつで、わかいちからがのびています。と。

 ふぁんのみなさん、しんじて、さらにおおきな、おうえんをよろしくおねがいします。わかいちからをみにきてください。らいねんも、ちーむみんなと、やきゅうじょうでおまちしています。

 つばくろうをきらいになっても、やくるとすわろーずをきらいにならないでください!でへへ。

 とうきょうやくるとすわろーずますこっと つばくろう。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム クライマックスシリーズ2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/41460 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(4枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー