昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/11/18

 調べる際に参考にしたのは「イベルト!」というサイトだ。アダルトDVDに出演するセクシー女優たちのイベント情報を掲載するウェブサイト。そのため、掲載店舗は、アダルトDVDを扱う店舗となる。前述したアダルトグッズショップや、アダルトグッズを扱うリサイクルショップやディスカウントストアは含まれていない。つまり、このデータは、エッチなDVDが好きな県民ということになるのだろうか。

人口あたりのアダルトショップが多い都道府県を発表!

 地域別に人口、店舗数を算出し、店舗当たりの人口を算出することで、エッチなDVDが好きな県民を炙り出してみよう。

 1位.鳥取県(約62,000人に1店舗)

 2位.島根県(約68,000人に1店舗)

 3位.茨城県(約74,000人に1店舗)

 4位.香川県(約74,000人に1店舗)

 5位.愛媛県(約80,000人に1店舗)

 その後は、6位栃木県、7位高知県、8位群馬県、9位静岡県、10位岡山県……と続く。関東近郊と中国四国が上位だった。

 それでは、逆に人口当たりのセルショップが少ない県はどこなのだろう。こちらも都道府県を挙げていく。

 1位.岩手県(約418,000人に1店舗)

 2位.石川県(約287,000人に1店舗)

 3位.奈良県(約269,000人に1店舗)

 4位.京都府(約259,000人に1店舗)

 5位.沖縄県(約240,000人に1店舗)

 その後、6位山梨県、7位大阪府、8位東京都と続く。

都道府県魅力度ランキング上位はアダルトショップが少ない?

 一見した印象として、都道府県魅力度ランキングで上位にある地域はアダルトショップが少ないように感じた。京都府、奈良県、沖縄県など観光資源が多く、知名度も高い、魅力ある地域はアダルトショップが少ない。やはり、華やかな街にエロビデオは不似合いなのだろうか……。茨城県出身の筆者としては少し切ない気持ちになる。

 このデータを出したあと、岩手県出身の知人に、「岩手はアダルトビデオショップが少ないようだけど、どうしてだと思う?」と聞いてみた。彼は、「みんな、すぐセックスするからAV見ないんじゃない?」と答えた。そんなことはないだろうと、その場では失笑したが、後日、彼の意見と近いデータを見つけた。