昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小型シリーズの大本命! 「iPhone 12 mini」の3つの“スゴい”ポイント

2020/11/20

 近年のスマホは画面の大型化がトレンドとなっており、コンパクトかつ軽量なモデルは、減少の一途をたどっています。iPhoneについてもこれは同様で、今春発売された第2世代iPhone SEも、ベースはiPhone 8ということで、片手で持てるかつての初代iPhone SEの使い勝手を求めるニーズには、必ずしも一致していませんでした。

 今回新しくiPhoneのラインナップに加わった「iPhone 12 mini」は、そうしたユーザにとって待望の、コンパクト・軽量が特徴のスマホです。初代iPhone SEや、その前のiPhone 5sをメインスマホとして愛用してきた筆者にとっても、もっと早くこのiPhone 12 miniがあれば……と思わずにいられません。

 今回は、初代iPhone SEの直系と言えるこのモデルについて、その特徴を見ていきましょう。

「iPhone 12 mini」。重量133g、片手で持つにも手頃な、スマホにコンパクトさと軽さを求めるユーザには待望のモデルです

ここがスゴい1:片手で持ちやすい軽量・小型のスリムボディ

 本製品の特徴は、なんといってもそのコンパクトなボディです。第2世代iPhone SE(148g)よりも一回り小さく、重量も133gと、15gも軽量です。「たった15gなんて」と思うかもしれませんが、1割以上もの差は意外に大きく手に持っても違いがはっきりと分かります。

片手での保持のしやすさに大きく貢献しているのが、垂直にカットされたボディ側面。初代iPhone SEやiPhone 5s以前のモデルを彷彿とさせるデザインです

 また初代iPhone SEやiPhone 5s以前のデザインに酷似した、側面が垂直に切り落とされたボディにより、片手でも安定して持てます。幅自体もスリムなため、片手で握った状態で、画面の上部や反対側まで指がきちんと届くのも利点です。「そうそう、かつてのスマホはこんなに持ちやすかったんだよ!」と、あらためてコンパクトモデルのよさを実感させてくれます。