昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“有効性95%”コロナワクチン被験者に訊く25の疑問「接種後どんな症状が?」

「熱、筋肉痛、だるさ、疲労、頭痛がありました」

2020/11/24

source : 文藝春秋 digital

genre : ニュース, 社会, 医療

熱が出たらアプリですぐに報告

「℉だったので℃での具体的な数字は分かりませんが、おそらく38度ちょっとまで上がったと思います」

——そのような症状が出て、怖くなかったのか?

「症状は事前に説明を受けているので、心配はしませんでした。熱が出たら、アプリを通してすぐに報告することになっていたので」

写真はイメージ ©iStock.com

——となると、あなたはワクチンを打たれた可能性が十分ある。

「私はそう思っています。100%確信は持てませんが、そうであるに違いないです。2回とも同じ症状で、38度以上の熱も出ていますので。スペインのテレビ番組に出演した際に、スタジオにいた医師が『あなたの症状は典型的なワクチンの症状に近い』と言っていました」

 被験者であるバロス氏は、その後どうなったのか。そして、コロナワクチンの可能性についてどう考えているのか——。このインタビューの続きは「文藝春秋digital」に掲載されている。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
文藝春秋

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z