昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

歴史上最も恐れられた病「天然痘」を人類はどのように撲滅したのか

『世界を変えた微生物と感染症』より #3

2020/09/07

 天然痘は人類が初めて、そして唯一地球上から撲滅した感染症だ。感染力・致死率ともに非常に高く、罹患者の実に2割~5割が死に至る。しかし一度回復すれば二度罹ることはないという特徴が古くから知られ、18世紀後半、エドワード・ジェンナーによる「最初のワクチン」種痘法の発明にもその知識が大きく寄与した。

 左巻健男氏の著書『世界を変えた微生物と感染症』(祥伝社)より、天然痘に関する一節を抜き出す。

◇◇◇

独眼竜 伊達政宗

 独眼竜というのは「隻眼の英雄」を指す言葉です。戦国武将として知られる伊達政宗は、1601年に仙台城を築城し、初代仙台藩主として諸外国との交流や領地の発展に力を入れたことでも有名ですが、何よりも独眼竜という形容が印象に残る人物です。彼は幼少の頃、天然痘にかかって右目を失明したのです。

©iStock.com

 天然痘の致死率は20~50パーセントと非常に高く、回復した場合でもひどい傷あとを残します。傷あとが皮ふに残れば痘痕になるし、眼に及べば失明します。江戸末期まで、日本人の失明原因の筆頭が天然痘でした。それも両眼の失明が多かったと言いますから、政宗は幸運だったと言うべきなのかもしれません。

天然痘ウイルス

 天然痘を引き起こすウイルスは長径約200~450ナノメートル(0.0003~0.0004ミリメートル)。ウイルスの中で、最も大型の部類に入ります。

『世界を変えた微生物と感染症』

 天然痘は人だけに感染する病気で、このウイルスを含んだ分泌物やウミやカサブタが口や鼻から侵入すると、口やのどの粘膜で増殖し、さらにリンパ節へと入り込んでいきます。リンパ節で増えたウイルスは次に血流に乗って肺や脾臓や肝臓にまで侵入し、さらなる増殖をくり返すと皮ふ表面に到達して発疹を形成するのです。このウイルスが目に侵入して増殖すれば、失明に至ります。

 ウイルスが体内に侵入してから、高熱や腹痛や発疹といった症状が出るまでの日数、つまり潜伏期間は、約7~16日(平均12日)です。直径5~10ミリメートルにもなる発疹内部の液体には、天然痘ウイルスがたっぷり含まれています。

 この発疹はその後ウミの混ざった膿疱となり、やがて黒っぽいカサブタに変わります。カサブタが完全にはがれるまではほかの人を感染させる危険性があるので、隔離が必要です。患者の使った衣類や布団から感染することもあります。