昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

眞子さまはご結婚後、「皇女」として国家公務員に!? 秋篠宮さまが出された「3つめの宿題」

秋篠宮さま「結婚容認」発言の真意と、それでも残る「お金の問題」

2020/11/30

genre : ニュース, 社会

「結婚を認める」の言外にあるもの

「秋篠宮さまはあくまでも“建前論”を述べられただけなのではないでしょうか。言葉の上では長女・眞子さまと小室圭さんの『結婚を認める』とはおっしゃっていますが、言外には『反対に決まっている』と突き放している印象を受けました」

眞子さまは「この結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております」とお気持ちを公表された ©共同通信社

 皇室担当記者はこう語る。秋篠宮さまは11月30日の誕生日に先立ち、同20日に記者会見に臨まれた。

「この中で秋篠宮さまは、秋篠宮家をお支えする皇嗣職大夫が眞子さまのお気持ちを発表された際に秋篠宮ご夫妻が『お二人のお気持ちを尊重された』と説明したことについて、具体的にどういうことかを尋ねられ、『それは結婚することを認めるということです』とキッパリと述べられました。

 最初はあまりにも率直なご発言にびっくりしましたが、これに続けて『憲法にも結婚は両性の合意のみに基いてというのがあります』と語られました。つまり、法に則れば娘の結婚自体には親も反対はできないと説明したわけです。

秋篠宮さまと紀子さま 宮内庁提供

結婚は法律上、止められないが、婚約は認めない

 言い方を変えれば、納得したから認めるわけではないとおっしゃったのです。秋篠宮さまが2018年11月の誕生日会見で『多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません』と述べられたことについても今回、『決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない』と指摘されています。

 その上で『特に結婚と婚約は違います』とおっしゃっています。結婚は法律上、止められないが、婚約は認めないと述べられたわけです。全く納得なさっていないことを示唆されたのです」(同前)

 確かに秋篠宮さまが述べられた憲法の「両性の合意のみに基いて」という一節は建前と捉えられても仕方がないだろう。法律の条文ではそうなっていても、一般の家庭では親が子供の結婚に反対することはよくある話だからだ。

29歳になられた眞子さま 宮内庁提供

「借金ではなく譲渡だ」の理屈付けは“薄情”

「そもそも問題の発端は小室さんの母・佳代さんが元婚約者から生活費や小室さんの学費、留学費などの援助を受けていながら、資金の返還を求められると、借金ではなく譲渡だと突っぱね続けてきたことにあります。元婚約者はもう諦めの境地にあるのかもしれませんが、ご本人が諦めても、この経緯を“薄情”なものと受け止めている国民は少なくありません。だからこそ、秋篠宮さまは『多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない』と述べられたのでしょう。

関連記事