昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/12/08

カレー沢 「親の老後は、本人のお金で」というのは資料でアドバイザーが言っているのを読んで知ったんです。私も、「そう言われればそうだな」と納得したのでエピソードに入れました。「自分を育てるためにお金を出してくれたんだから」と親の老後に良かれと思ってお金をかけていると、子どもが老後に差し掛かった時に蓄えが足りなくて破産する。残念なことですが、気持ちが裏目に出てしまうんですよね。

 現実的には、子どもがまったくお金を出さずに親の介護をするのは難しいでしょう。でも、「老後のお金はできるだけ本人に出させる」という意識さえあれば、出し過ぎて破産する未来は防げます。お互いに良い関係性を見いだせたらいいですね。

 

――老後のお金は子どもが払ってくれると、親が思い込んでいるパターンもありそうですね。

カレー沢 家族という狭い人間関係だけで解決しようとすると苦しくなってしまいます。できるだけ外部のアドバイザーを頼って、親の年金などでやりくりできるようにアドバイスしてもらうのがいいと思います。

「猫は神」は生きる希望と同じ意味

――もう一つのテーマ「猫は神」はどういう意味ですか?

カレー沢 作者の私の癒しが猫だということで……。猫をたとえにだしたのはたまたまで、「推し」いわゆる「生きる希望」のことを言っているんです。

 第6話にも描きましたが、“きれいに”死ぬためには前向きになるための「生きる希望」が必要なんです。

――私は推しがない状態で淡々と生きている節があるんですが……。

カレー沢 若い方の中には、消化試合みたいに人生を捉えている人も多いみたいですね。

 結婚も出産も絶対にしなきゃいけないという風潮が世間では落ち着いてきました。30代くらいで「どちらもしない」と決めると、自分に何が残っているのか、わからなくなるらしいです。

 個人的には、孤独死を避けるために、生きる希望を見つける努力をしたほうがいいと思います。人生を楽しむ方が良い老後にもつながります。