文春オンライン

「露出度が高いユニフォームを着ていないと、誰も見てくれないよ」 それでも女性アスリートが“撮影禁止”を求めない理由

2020/12/06

年々SNSが発達してきて被害が増えていく

――おふたりが声を上げたことで、他の選手にも広がりはありましたか?

ハナ 大半の人は被害にあったといえないので、ここまで問題が大きくなってしまったと思います。今回のような報道が出ても、私もそう思うとは言いづらいですから……。

カオル みんながみんな、試合での撮影に反対しているわけではないので、そこも難しいところです。

ADVERTISEMENT

ハナ 写真を撮ってもらったり、かわいいって言われるのがうれしいという人もいます。(撮影による被害を)「なんとも思わない、こういうものだと思っています」と割り切っている選手もいます。でも、年々SNSが発達してきて、そういう被害が増えていく世の中だなと思うので、私たちだけでも声を上げないとって。

――おふたりはずっと陸上をやってきて、他競技については今回初めて知ったそうですね。

ハナ 自分に来るものしか見てなかったんですけど、弁護士さんに「できるだけ被害を探してみてほしい」って言われて検索したら、バレーが多かったですかね。おしりのアップの写真が結構あって、「他競技でもこういうことをされてるんだ」って思った記憶があります。

カオル バレーの選手を見て思ったんですけど、室内バレーのユニフォームは半袖シャツにショートパンツといった感じで、それほど露出は多くないですよね。それでも、撮る人は撮る。だから、陸上選手がたとえ露出の少ないユニフォームにしたとしても、撮る人は撮ると思います。私たちに「そういうユニフォームを着ているのが悪い」と批判してくる人たちは、ただ言いたいだけなんでしょうね。

――他競技からは、「よくぞ陸上の選手、言ってくれた」という感謝の声も聞きます。

ハナ 少なからず他競技でもそう思ってくださる人がいるのはすごくうれしいです。ぜひ協力してほしいです。協力してくれればしてくれるだけ、ありがたいので。