昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「誰よりつらい状況になることを、自ら望むのが俳優である」 55歳になった香川照之“俳優の原点”

12月7日は香川照之55歳の誕生日

2020/12/07

 今年、大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS系)。メガバンクを舞台とする同作では、7年前の第1シリーズに続き、主人公の半沢(堺雅人)に対し、香川照之演じる銀行役員の大和田が敵役として登場した。ただ、今回は2人が手を組むことも目立った。

『半沢直樹』では大和田役を演じた香川照之 ©文藝春秋

 頭取(北大路欣也)から、過去に銀行が大物政治家(柄本明)に行なった不正融資について真相を探るよう命じられた2人は、渋々ながら行動を共にする。だが、最終回前の第9話では、大和田と頭取がひそかに政治家と取引をしているところに、半沢が遭遇してしまう。思わぬ裏切りで崖っぷちに立たされた半沢だが、それでも正義を貫くべく、政治家に向かって「あなたの悪事はきっちりと暴かせていただく!」と宣言してみせた。

半沢への共感から出た大和田の“涙”

 ドラマを見ていた方は覚えているだろうか。半沢が政治家相手に大見得を切ったとき、大和田が涙を流していたことを。結局、最終回では、政治家との取引は、じつは頭取と大和田が相手を油断させるためにわざと仕組んだものだったことがあきらかになる。大和田の涙も、心の底では半沢に共感していたからこそ出たものであった。

『半沢直樹』では、出演陣の芝居がかった演技が話題を呼び、そこで彼らが顔を突き合わせて繰り広げるバトルは「顔相撲」とも称された。香川の演技はその筆頭であった。だが、あの涙は、芝居っ気なく、ごく自然に出たものに見えた。筆者は顔相撲よりも、むしろそこに役者・香川照之の真骨頂を感じた。

『半沢直樹』原作者の池井戸潤氏(左)と話す主演の堺雅人

 きょう12月7日は、香川の55歳の誕生日である。意外と言うべきか、彼はある時期から役づくりをしなくなったという。昨年、出演した映画『七つの会議』公開に際してのインタビューでは、次のように語っていた。

《僕は常に、監督が求めるものを演じているだけです。10年ぐらい前までは、役作りのようなものをやっていた記憶もあることはあるんですが、今は、せいぜい自分の人生と重なり合う部分をその場で引っ張り出している程度です。表現というより反射というべきか……。やっていることは、スポーツに近い気がします》(※1)