昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

多発する性犯罪……“示談の相場”はいくら? 弁護士が解説する「ドキュメント 示談の現場」

2020/12/10

genre : ニュース, 社会

 11月20日、「ミスター慶応」ファイナリストの元慶大生が20代女性に性的暴行を加えて強制性交の容疑で逮捕された。この事件では、容疑者が過去5回も準強制性交や準強制わいせつなどの疑いで逮捕されながらも、被害者との間で示談が成立したため不起訴となっていたことに対して、世間からは「大金を握らせて被害者を黙らせたのではないか」「無理やり示談にさせたのではないか」といった声が湧きあがった。

 性犯罪における示談の現場はどういうものなのか。現役の弁護士が解説する。

◆◆◆

 一口に性犯罪と言われるものにも多様な側面があります。実際の示談については当然どの事件も守秘義務の対象となりますので、ここでは架空の事例を一つ挙げてみましょう。

1.ある示談の流れ

 郊外のターミナル駅、駅の近くではあるが、あまり客の入りの多くないファミリーレストラン入り口近くに、弁護士がたたずんでいる。彼は時間を確認すると、コートを脱ぎ小脇に抱えて入店する。

 時刻は午後5時55分、被害者に指定された午後6時より5分前に入店した彼は、ドリンクバーだけを頼みホットコーヒーを入れると、携帯電話であらかじめ聞いていた被害者の携帯電話に電話をする。

©iStock.com

 弁護士が選んだのは、便利な場所ではあるが、あまり込み合うことなく、かつ、ボックスシートの間がそれなりに背の高い仕切りで分けられているため、目立たずに話ができるファミリーレストランである。

 ほどなくして仕事帰りの被害者が現れる。弁護士は立ち上がり名乗って名刺を差し出すとまず深々と頭を下げる。

 次に弁護士は痴漢行為を行った加害者に代わって短いお詫びの言葉を被害者に伝える。

「本人は大変反省しております。しかし事件の性質上、本人の謝罪や反省のお手紙などはむしろご迷惑になるのではないかと考えて今はお持ちしておりません」

 被害者に緊張は見えるが、激怒したり泣き出したりするような感情の動きはあまりなく、少し戸惑ったような表情で「何分こういう事は初めてなので」と口数少なに話す。

「このようなことをしておいて、私どもの方から申し出るのは大変心苦しい話ではあるのですが、今回お時間をいただいたのは、お詫びをさせていただきたいということと、お電話でもお話ししたように、もし可能であれば示談をさせていただければという点にあります」

 弁護士は示談書を取り出す。被害者に示談の意思があることは事前に確認しているものの、なかなか電話での話し合いも難しく、細かい条項については詰めきれていない。支払える金額もあらかじめ伝えてあるが、細かい文言等について当日までにやり取りする余裕がなかったのである。