昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

佳子さま26歳 眞子さまとお揃いの髪型で…“ミントコート”とビデオメッセージに込められた思い「自らの可能性を最大限生かしていけますように」

2020/12/29

source : 文藝春秋 digital

genre : ニュース, 社会, SDGs

 12月29日、秋篠宮家の次女・佳子さまが26歳の誕生日を迎えられた。誕生日に際して公開されたご近影では、長女・眞子さま(29)とお揃いのアップヘアにアレンジされ、お二人ともはつらつとした笑顔を見せられていた。

2020年、佳子さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 今回のご近影では、佳子さまがミントグリーン、眞子さまがモスグリーンのロングコートをお召しになり、グリーン系で合わせたコーディネートになるようにご相談されたのではないだろうか。笑顔の佳子さまを眞子さまが少し離れられたところから見つめられたカットや、美しい芝生の上にリラックスしたご表情で肩を寄せて佇まれるカットなどから、ご姉妹の仲の良さと“連帯”が感じられる。

佳子さまはミントグリーン、眞子さまはモスグリーンのコートをお召しに 宮内庁提供

 11月30日、秋篠宮さまの誕生日に際して公開されたご一家のご近影より、お二人それぞれの個性が光っていたように思う。佳子さまはゆったりとしたグレーのタートルネックのニットに、透け感のあるチュールロングスカート、大ぶりのパール風イヤリング、ブラックのショートブーツをお召しになり、フェミニンな雰囲気を残しながら、全体としては凛とした装いを演出されていた。眞子さまは、アイボリーのパンツにベージュのパンプスをお召しになって、どことなくオフィスでの装いを思わせるようなスタイルだった。

サックスブルーのダッフルコートは「B:MING」

 この1年の佳子さまのファッションを振り返ってみると、お召しになるアイテムの特徴的なデザインから、時にそのブランドがSNSで話題になることもあった。ヘアメイクやポーズも次第に洗練され、ビジュアルによるご発信をしっかりと意識されているご様子がうかがえる。アイテム選びの背景には、佳子さまご自身による、ファッションに込められたメッセージがおありなのかもしれない。

2019年、佳子さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 昨年、佳子さまは25歳の誕生日に際して、初めてお一人でのご近影を公開された。佳子さまが選ばれた鮮やかなサックスブルーのショート丈ダッフルコートは、BEAMSのレーベル「B:MING」(ビーミング)のものだった。カジュアルながら上品な色合いが佳子さまによくお似合いで、同世代の一般的な感覚を大切にされていることをお伝えになりたいという思いがおありなのではないかという印象を受けた。