昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《佳子さま26歳》眞子さまと一緒の誕生日写真に秘められたメッセージとは?《コーデはペールトーンで統一感》

 12月29日に26歳のお誕生日を迎えられた秋篠宮家の次女・佳子さま。それを祝して公開されたご近影では、紅葉で色づく赤坂御用地を眞子さまと散策し、にこやかな表情をお見せになっている。実は、今年の佳子さまのご近影は公開直後から密かに話題になっている。

佳子さま26歳のお誕生日に公開された眞子さまと佳子さまのご近影 宮内庁提供

「眞子さまのご結婚問題で秋篠宮家に注目が集まるなか、10月の眞子さまのお誕生日に公開された姉妹の“自撮り”写真や11月の秋篠宮さまのお誕生日に公開された家族5人の“密着写真”など、これまでとは明らかにトーンの違う写真に皇室担当記者は驚きました。その流れで佳子さまのお誕生日に公開されるお写真にも、何か“メッセージ”が込められているはずだと注目が集まっていたんです」(皇室ジャーナリスト)

やせ見えよりもトレンド感

 その佳子さまの着こなしについて女性ファッション誌で活躍するライターはこう語る。

“自撮り”をなさる眞子さまと佳子さま。2020年10月、眞子さまのお誕生日に際して公開されたご近影より 宮内庁提供

「佳子さまのふんわりとした印象にあったスタイリングだと思います。眞子さまと一緒に姉妹揃ってのお写真ですが、それぞれの雰囲気やキャラクターにあったお洋服を選んでいるなというのが第一印象です。

 佳子さまは甘めの可愛らしいお顔なので、ニットのベージュとコートのミントグリーンの淡いトーンがとてもお似合いです。眞子さまはきりっとしたクールなお顔立ちなので、チャコールグレーの濃いトーンで、フレームがかっちりした襟付きのシックなコートを選ばれています。お二人とも、自身の特徴を活かすお洋服を着こなされていると思います」

2020年12月、佳子さま26歳のお誕生日に公開されたご近影 宮内庁提供

 今回のご近影からは、ファッションにおける優先順位を感じるという。

「佳子さまの華奢な体型を活かすのであれば、ニットをスカートにインしたり、もう少し体のラインにフィットするものの方が本当はいいはずです。ただ、そうするとトレンド感は薄れますよね。ふわっとしたシルエットを選ぶことで、2020年の旬に沿ったボリューム感になっています。やせ見えよりも、トレンド感を優先させたのかもしれません」(同前)