昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「紅白の裏で250億円」“嵐ロスビジネス”が稼ぎ出した3000億円の内訳と“活動再開の布石”とは?

2021/01/01

 大みそかのNHK「紅白歌合戦」。一番の盛り上がりを見せたのは、やはり「嵐×紅白2020スペシャルメドレー」だった。2020年7月に発売した、米津玄師(29)が作詞・作曲の「カイト」などを熱唱。嵐ファンのみならず、心打たれた人は多かったことだろう。

 2020年12月31日をもって、ジャニーズの人気ナンバーワングループ、嵐が活動を休止した。大野智(40)、櫻井翔(38)、相葉雅紀(38)、二宮和也(37)、松本潤(37)の5人が1999年11月3日に「A・RA・SHI」でデビューしてから21年間。特に最後の2年間は有終の美を飾るべく、いつにも増して忙しい毎日を送ってきた。

 そしてこのわずか2年間で、3000億円とも言われる“嵐ロス”ビジネスを完遂したのだ。

2020年7月にリリースしたシングル「カイト」

最後の日に売り上げた250億円

“嵐最後の日”も紅白に出演しながら、ジャニーズネットで午後8時からラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」を生配信。テーマは「届けたいメッセージ」だった。

「嵐は2010年から5年連続で紅白歌合戦の白組司会を務めてきました。2015年のV6井ノ原快彦を挟んで、2016年からは相葉君、二宮君、そして2年連続で櫻井君が2019年まで1人で白組司会を務めましたが、2020年だけはラストライブを優先させました。何しろ最後の稼ぎ時ですからね」(女性誌編集者)

嵐公式Twitterより

 東京ドームで、無観客で行われたラストライブの配信チケットはファンクラブ会員が4800円、ジャニーズファミリークラブ会員が5300円、一般が5800円だった。

「嵐のファンクラブ会員数は300万人と言われています。これに一般の人も加えると少なく見積もっても500万人が観ることになる。仮にチケット代金の平均額を5000円としても250億円の売り上げになります。東京ドームを満員にしても5万人ですからね、ライブ配信の方が、圧倒的においしいビジネスと言えます」(音楽関係者)