昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/05

 いきなり慣れない言葉がたくさん出てきた。「にわか」には難しい。

 ただ、その上を見ると『「希望・勝利の年」晴れやかに各地で出発』という記事があり、

《学会創立100周年へ、“勝負の10年”を決する「希望・勝利の年」が晴れやかに幕を開けた。》

 創価学会は2030年に100周年を迎えるようだ。

《2021年は、今後10年にわたる「勝負の時」の勢いを決する最重要の一年である。希望あるところに勝利があり、勝利あるところに希望がある。》(創価学会HPより)

今後10年は創価学会「勝負の時」?

 私はてっきり駅伝に感銘を受けて「希望・勝利の年」なのかと思ったがまったく違った。今後10年にわたる「勝負の時」は以前から掲げられていたのだ。菅首相は先日「勝負の3週間」に敗れたが、レベルが違うのである。

 それにしてもそんな節目の年に駅伝で創価大が総合2位ってたまらないだろう。

 紙面には私が注目していた信仰のおかげという解説はとくに見当たらなかった。考えてみれば信仰の厚い方々が毎日読む新聞なのでとりたてて「効果」を書くことではないのかもしれない。

若き日の池田大作名誉会長 ©時事通信社

 さらに言えば「池田先生と共に希望・勝利の師弟旅」という新連載や、一面コラムでは《池田先生は「祈りとは本来、『誓願』である。『必ずこうする』という誓いであり、明確な目標に挑み立つ宣言である」と。》など“池田大作先生”という文字が。定期購読者は駅伝もうれしいがここを読むだけでも十分価値があるのだと思われる。

 というわけで「聖教新聞は箱根駅伝をどう伝えたか」。

 手に入れて読むまで販売店までの往路・復路は小走りだったことを思い出した。

 正月明けにはキツい1人駅伝でした。

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー