昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【紅白「一番良かった歌手」ベスト40発表】ジャニーズ2位はキンプリ、乃木坂vs.櫻坂、演歌勢は?

 大晦日に放送された「第71回紅白歌合戦」。新型コロナウイルスの影響で初の無観客での開催となりましたが、4年ぶりの紅組勝利に盛り上がり、平均世帯視聴率は40.3%(第2部、関東地区)と2年ぶりに40%台を回復しました。

 中でも、活動休止前のラストライブを中継した嵐のステージは、歌手別の瞬間最高視聴率を記録したと報じられています。また、昨年放映された朝ドラ「エール」の窪田正孝、山崎育三郎、森山直太朗ら出演者がステージ上に揃って歌ったスペシャルパフォーマンス、主題歌を歌ったGReeeeNのAR(拡張現実)を使ったステージも注目を集めました。

 そんな今回の紅白歌合戦、「文春オンライン」読者が「一番良かったと思う歌手」は誰なのでしょうか。

 そこで、「文春オンライン」メルマガ読者に、今回の紅白で「良かったと思う歌手」を最大3組(1位=5点、2位=3点、3位=1点)挙げてもらいました。

 今回のアンケートは、2020年12月31日から2021年1月5日までという短い投票期間にもかかわらず、15歳から91歳までの幅広い層から、総投票数1503票(男女比は、5:5)が集まりました。

読者が選んだ「紅白良かった歌手」ベスト40

 今回、7組もの出場が発表されて話題になったジャニーズ勢(Snow Manはメンバーの新型コロナ感染で出場辞退)は、活動休止直前の嵐以外でベスト40入りできたのはKing & Princeのみ。今回ひと組も選出されず“全滅”となったAKBグループとは対照的に、3組(乃木坂46、日向坂46、櫻坂46)が出場した「坂道グループ」では、2組がランクイン。先輩格の乃木坂は櫻坂と僅差のデッドヒートを演じました。

 安定的な評価を受けたのは、演歌勢。前回1位だった氷川きよしを筆頭に、坂本冬美、石川さゆり、五木ひろし、天童よしみ、三山ひろし、水森かおりらもベスト40入りしています。玉置浩二や鈴木雅之、郷ひろみ、さだまさし、松任谷由実らベテランのソロシンガーも上位に入り、存在感を見せています。意外なところでは、紅組司会の二階堂ふみも高評価でベスト40に選ばれています。

 まず、40位からランキング形式で発表します。

◆◆◆

40位 ゆず「雨のち晴レルヤ~歓喜の歌 紅白SP~」

「オリンピックイヤーとなる2021年の『栄光の架橋』を連想して、感激して聞いていた」(76・男性)

「聴いていると、主題歌だった朝ドラ『ごちそうさん』のシーンと、あのドラマが放送されていた頃の自分自身が思い出され、言葉に出来ない感情が溢れ出しました。オーケストラの演奏もとても素敵でした」(29・女性)

39位 純烈「愛をください~Don't you cry~」

39位 純烈(公式Instagramより)

「闘病中のおばあちゃんが涙して見ていました。今年も見られて良かったよかったと言ってみんなで泣きました」(38・女性)

「視聴者やファンを楽しませたい、喜ばせたいという一生懸命さが良かった」(86・女性)

38位 King & Prince「I promise」

「いつ見ても気付くと微笑んでしまう。子供みたいな存在の5人」(54・女性)

「名前通りの若々しく可愛い華のあるグループ、孫が大ファンです。いつかは嵐のように、音楽史に残る様な素晴らしいグループに成長して欲しいと願っています」(80・女性)

37位 天童よしみ「あんたの花道~腹筋太鼓乱れ打ちSP~」

37位 天童よしみ ©文藝春秋

「堂々とした歌いっぷりで、歌詞が心に響きました」(65・女性)

「相変わらず、天童よしみさんの力強い歌声も素敵で、Snow Manの代役で少年忍者さんが腹筋太鼓をされ、とても感動致しました。何かと暗かった2020年ですが、来年は頑張るぞ!と思わせて頂き、沢山の勇気も頂けました!」(74・女性)

36位 Little Glee Monster「足跡」

「Nコンの課題曲ですが、中・高の部を毎年欠かさず観ているという個人的な思いがあり、コロナ禍でコンクールが中止となり発表の場を失った生徒たちの悔しさを考えると胸が熱くなりました」(52・男性)

「抜群のハーモニー。最初のアカペラ、中学生のコーラスも良かった。メンバー1人が欠けていたが、4人でがんばった」(68・男性)