昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

菅首相が五輪開催をしたい本当の理由は… “強行開催”唯一の解決策は「森漫談」の中にあった?

「神様がどれだけ味方していただけるかだ」

2021/01/19

米でも悲観論 東京五輪「中止の可能性」

 日曜日のスポーツ報知一面(1月17日)である。

 ニューヨーク・タイムズ(電子版)や通信社が相次いで五輪中止の可能性に言及してきたという内容。報知の五輪担当記者は昨年の延期決定の時と流れが似ていると指摘。

いよいよ東京五輪にも暗雲が… ©JMPA

 では世論はどんな感じなのだろう? 13日発表のNHKの世論調査では五輪・パラリンピックを「開催すべき」は16%で、「中止すべき」と「さらに延期すべき」をあわせるとおよそ80%。世界や世の中がまたしてもザワザワしてきた。

 そんななか菅首相は五輪開催について現時点でどう考えているのか。開催するという意思が固そうなのは伝わってくるが、どんな「根拠」に基づいているのか。

 すると同じ日の報知の社会面にとても興味深いインタビューが載っていたのだ。

「菅首相とも親交がある」と紹介されている選挙プランナー・三浦博史氏の「展望」である。これがすごかったので紹介したい。

五輪は選挙と政権浮揚のため…?

 三浦氏の評価によれば菅氏は「仕事師」だという。

 菅政権誕生以降は、

「コロナ対策や景気対策に徹し、一切の政治的空白を作らないという強い信念を感じます」

 高評価です。ならば解散の時期はいつか。三浦氏は五輪開催にこぎつければ大会後に衆院解散となる可能性が高いという。

菅首相は「仕事師」…? ©JMPA

「大会が成功裏に終われば、与党は負けない情勢になります」

 さらに、

「大会を成功に導いた首相の顔は後世に残るものです。その勢いで衆院選を戦えば、与党が圧勝する可能性も高いですね」

 いかがだろうか。ここまで五輪が選挙や政権浮揚のためだけに考えられているのかと感心してしまう。さすが選挙プランナーである。