昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/09

source : 文春文庫

genre : エンタメ, 芸能, 読書

教養の欠片もない押し問答

「強要しただろ!」

「強要してましぇーん!」

「強要しただろ!!」

「強要してましぇん!!」

 教養の欠片もない押し問答が続く。

「いや、彼も一応、芸能人として顔がありますし、本人も誤解を招くような行為をしたことは認めているわけですし……。ここはなんとか……」

 防戦一方の相棒に、傍観者のボクも陳情。しかし相手は折れない。

「それに罰金100万円って、いくらなんでもあまりに高額じゃないですか? その額面に法的な根拠はありますか? なんなら出るところに出てもいいんですよ。そうなれば、お時間をとらせることにもなります。どうでしょうか、こちらの非は認めますので、5万円の罰金をお支払いするということで、今回だけは矛を収めてご満足いただけないでしょうか?」

 ボクは多弁を弄して鎮火を試みる。

©iStock.com

 抜き差しならない状況が長く続いた。

 どうあっても満場一致はあり得ないかに思えたが、店が最も客入りの良い時間帯だったことが幸いした。我々に長くかまっている時間もないのだ。

「……分かりましたよ。ウチも今、忙しいんでぇ……。しかし、もう二度と、こういうことはないようにして下さいよ!」

 支配人が中折れし、今回だけは、おめこぼしということになった。

「でもカリにですよぉ。マンがイチ、次やったら今度こそ100万円ですよ!」

 店を出ると、池袋の夜の闇に浮かぶ満月に向かって江頭が吠えた。

「なぁぁんで、トルコで75円なのにヘルスで100万円なんだよぉぉぉ!!!」

その後のはなし

 江頭2:50は、昨日も今日も明日も何かをやらかしている。

 そして「江頭グランブルー」以来、ボクにとって、エガちゃんは何をやっても別格。

 どんな不祥事が起きたとしても感想は一言だ。

「そりゃあイイね!」

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春文庫をフォロー