昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ベストボディ日本3位の谷あさこが明かす「大食い&美BODY両立の秘訣」

source : 電子書籍

genre : エンタメ, 芸能

 BSフジ「美BODYサロン」などに出演するフリーアナウンサーの谷あさこ。大食いアナとしての顔も持ち、ピザ7kgやかつ丼5kgを完食するなど、大食いアナとしての貌も持ち、テレビ番組でギャル曽根と激闘を繰り広げたことも。彼女が食に目覚めたのは大学に入学したときだった。

© 松田忠雄

高校生の時は少食だったんです

「高校生の時は小食で、食事を楽しむっていう考えがそもそもなかったんですけど、大学に入って、自ずと外食も増えて、友達とご飯に行って私だけ食べないっていうのも変じゃないですか。ハンバーガーとか、焼き肉とか、カロリーの高い食べ物ってこんなにおいしいのか。そういうおいしさをかみしめてからですね。それからは好きなものを好きなだけ我慢せずに食べるようになりました。我慢しないで好きなものを食べてたら、結果的にめっちゃ食べるじゃん、私、みたいなことになって、人より食べられる、というのを実感しました」
 グルメロケはもちろん、大食い番組にも多数出演。かつて一度の出前に6店舗も頼み、月の食費が30万円かかると話していたこともある27歳の転機は昨年の夏だった。大食いとは対照的にストイックなダイエットが求められる「ベストボディ・ジャパン」に出場することになったのだ。

関連記事