文春オンライン

「5回目のデートだよ、手ぐらい繋がないと」38歳の婚活男性は、なぜフラれてしまったのか

「100日で結婚」#2

2021/01/28

カウンター席で気持ちを測る方法

 そういう意味では、自然に接近できる機会を作り、彼女の気持ちを測る方法も有効です。例えば食事の際、向かい合ったテーブル席ではなく、カウンター席に座ってみましょう。カウンターであれば隣同士並ぶことになるため、物理的な距離が近くなります。

 何度かデートをして、あなたとしては2人の距離が縮まったと思っていた。そこで、カウンター席に座り女性のほうへ身を寄せたのに、彼女がその分離れていったら……残念ですが、あまり芳しくない状況でしょう。しかし、そのままじっとしているなら、彼女のほうも少なからずあなたに気があるはずです。

 以前、独身時代はプレイボーイで名を馳せた芸人さんからも、こんな話を聞きました。

ADVERTISEMENT

「女の子と何度かデートして、“そろそろ彼女を落とせるかな?”というのを見極めたい時、僕は必ず、カウンター席がある店に行くんです。

©️iStock.com

 そして、物を取るふりをしてわざと触れてみる。その時に女の子がビクッとしたら、まだ僕に心を開いていない証拠。だけど、びくともしなかったら——彼女はもう、僕のもの(笑)。帰りはその子の腰に手を回して、店を後にします」

 もちろん、婚活市場で腰を抱くのはどうかと思いますが、カウンター席を利用して女性の気持ちを見極める方法は、決してハードルが高いものではありません。

 例えばお醤油を取る時などに彼女に触れてみて、その様子を見極めればいいのですから。

「嫌よ嫌よも、好きのうち」は、今の時代にそぐわない

「だけど、もし彼女が嫌がる様子を見せた時は、その後はどうやり過ごせばいいんですか?」

 そんな心配をされる方がいるかもしれませんが、答えは簡単。拒否されたら引けばいい、ただそれだけのことです。

 手をつないでいたのに、彼女が携帯を見るために手を引っ込めて、その後はつなぐ気配がない。それはもう、「つながないで」というサイン。すっと引く潔さを持ちましょう。

 今の時代でもまだ男性の中には、「嫌よ嫌よも、好きのうち」などと考えている方がいます。しかし、それはもう通用しません。今の女性は、「嫌なものは絶対に嫌!」なのです。

100日で結婚 (星海社新書)

鎌田 れい

星海社

2021年1月27日 発売

「5回目のデートだよ、手ぐらい繋がないと」38歳の婚活男性は、なぜフラれてしまったのか

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー