昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

楽天イーグルスにマー君が帰ってくるので、昨日から仕事が手に付かない件

文春野球コラム ウィンターリーグ2021

2021/01/29

コロナの話題ばかりで嫌気が差してたSNSが「マー君復帰」で明るくなった

 2021年1月28日夕方に飛び込んできた「マー君楽天復帰」のビッグニュース。

 そのニュースを目にしてからはっきり言って仕事が手についていない。深夜になってもそして一夜明けても手につかなすぎて、なんだかソワソワしてしまっている。昨日からただただテンションが上ってしまっているのはきっと筆者だけではないはずだ。

 8年間欠番となっていた背番号18。NPB史上最高額となる推定年俸9億円。そして2年の複数年契約。詳細は後日の入団会見となるがマー君の復帰報道は、イーグルスファンだけでなくプロ野球ファンいや日本中を熱狂の渦に包み込んだ。

 

 仙台人しかフォローしてない友人のInstagramのストーリーは突如マー君一色となり、普段は野球は全く見ない嫁が「マー君の子どもは仙台のどこの学校に行くのか?」とLINEで聞いてくる。

 YouTubeでは野球YouTuberの面々がコメント動画を続々公開。歴代イーグルス監督であるデーブ大久保氏や田尾安志氏をはじめ、上原浩治氏のチャンネルでは、あの野村楽天時代にマー君とともに2大エースであった岩隈久志氏が登場。「最強な補強」と田中将大のイーグルス復帰を喜んだ。

 Twitterでは歓喜の声で埋め尽くされるタイムラインを、ハンカチで拭うように斎藤佑樹がトレンド入り。ボクはボクでこの2、3日に急に世間の話題となった音声SNS「クラブハウス」で会ったことのない野球ファンの方々と野球談義を嬉々としてしまう浮かれてしまった一日だった。

 コロナの話題ばかりで嫌気が差してたSNS。

 一挙に明るくしてくれるのは、さすがは「マー君、神の子、不思議な子」なのである。