昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

錦戸・山下も、ワールドワイドに活躍する赤西に続く

「赤西はテレビで観ることこそありませんが、その人気は世界規模です。2015年には中国・北京市で『アジア人気アーティスト賞』と『年度音楽大賞』を日本人として初めて受賞。翌年にはアジアで最も影響力のある日本人アーティストに贈られる『Asian Most Popular Japanese Artist』を受賞しています。

 錦戸も独立後に自身のファンクラブを設立し、赤西ともユニット『N/A』を結成。ユニットで運営しているYouTubeチャンネル『NO GOOD TV』はチャンネル登録者70万人を突破しています」

2014年、ジャニーズ事務所を退所したばかりの赤西仁 ©getty

 山下も若いころから目指していた海外進出への歩みを着実に進めている。

「1月24日、山下さんはインスタグラムで出演ドラマ『THE HEAD』(Huluオリジナル)が、イギリスとドイツでも放送されることになったと報告。2022年9月公開予定のアクションコメディー映画『マン・フロム・トロント/Man From Toronto』へも出演します。共演するハリウッド俳優のケヴィン・ハートやウディ・ハレルソンとのスリーショットも公開され、今後の活躍に期待を膨らませるファンのコメントが集まっていました」(芸能関係者)

(ケヴィン・ハート本人のインスタグラムより)

かつてジャニーズのタレントは退所と共に色あせていたが……

 しかし、かつてはジャニーズを辞めると露出が激減し、途端に色あせるタレントも多かった。

「そもそもタレントの人気は本人の魅力だけでなく、事務所が資金力と目利きで集めたクリエイターやスタッフの力によるところも大きいんです。しかしジャニーズ事務所を辞めるとテレビ出演が激減して金回りが悪くなるし、そもそもクリエイターを見極められる力を持つタレントがいままで少なかった。だから独立すると、“ダサく”なっていたんです。

 ですが元赤西軍団の面々はとても上手くやっている。楽曲や映像のセンスもいいし、ファッションもオシャレです。しかもネットやファンクラブを上手く運営して、国内外で活動している。個人の収益で言うとジャニーズ在籍時代を超えるのではないでしょうか。後輩にとっては“憧れの先輩”でしょうね」(音楽レーベル関係者)

 活躍の一方で、実はファンの間で心配されていることがある。「元赤西軍団不仲説」だ。