昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

気になる山下の距離感

「錦戸さんは独立後、赤西さんに習ってすぐにファンクラブを立ち上げました。YouTubeに2人揃って登場し、赤西軍団時代から仲が良かった山田や小栗もゲストとして招いている。しかし、そこには山下の気配すらない。ファンからは《本当に仲悪いの? なんで?》と心配の声が挙がっていました」(同前)

YouTUbe(赤西仁本人のインスタグラムより)

 山下が事務所に在籍しているときには、辞めジャニとの交流がなくても不自然に思われることはなかった。しかし退所して“しがらみ”がなくなったいま、この距離感が気になるというファンは多いのだろう。

 この件について、山下の知人は「実際、“元赤西軍団”の関係は修復不可能なほどに壊れている」と語る。

「(罪を)被った」ため書類送検された山P

「2014年6月に山下さん、赤西さん、錦戸さんが六本木で一般人と口論になり、山下さんが携帯電話を奪い取って逃走、器物破損容疑で書類送検されるという事件がありました。『週刊女性』(2020年12月15日号)には『この件以来、山下さんもさすがに懲りたようで、周囲に“もう仁とは会ってないし、会う気もない”と強調していました』と書かれていますが、『事件に懲りた』ということではないんです。山下さんのなかには赤西さんと錦戸さんへの“シコリ”が残っているんです」

山下智久(本人のインスタグラム)

 事件が起きた日、山下と赤西、錦戸は六本木の路上でカップルの男性と口論になった。その様子を女性が動画で撮影していたのだが、山下がその女性に近づき、『データを消去してほしい』などと交渉。女性は交渉に応じず、咄嗟に山下が女性の携帯を取り上げ持ち去ったのだ。

「山下くんはこの行動について、『2人のために(罪を)被った』と周囲に説明しているんです。山下くんによると、一般人と激しく口論をしていたのは赤西さんと錦戸さんで、山下くんは彼らを庇うために携帯を持ち去った。結局、書類送検されたのは山下くんのみで、赤西さんと錦戸さんは罪に問われませんでした。しかし事件後、2人から山下くんに対して謝罪や感謝の言葉がなかったようなんです。山下くんはそこに納得ができないでいる」(同前)

 それ以来、山下だけが元赤西軍団メンバーらと距離をおいているのだという。そしていま、彼らの関係にはある外国人男性A氏が巻き込まれている。別の山下の知人が語る。