昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

そもそも赤西・錦戸とはタイプが違う山下

「そもそも赤西くんや錦戸くんと、山下くんはタイプが全く違うんです。若い時ならいざ知らず、いまの山下さんが遊び方も性格も派手な赤西さんと仲良くなるイメージは湧きません。

 特にここ数年の山下さんは、女性がいる酒席でもほとんど喋らず、とにかく物静かです。オーラもあって、一般の人からすると近付き難い感じ。かといって女性に冷たいわけではなく、物腰はかなり柔らかい。赤西さんや錦戸さんのように派手に遊ぶタイプではないし、“オラオラ感”はまったくない。だから真面目で優等生タイプの亀梨さんといるほうが楽しいのでしょうね」(同前)

赤西仁(本人のインスタグラムより)

 赤西と亀梨も関係が良好とは言い難いようだ。

「KAT-TUN結成当初、亀梨さんは故・ジャニー喜多川氏の寵愛を受け、1人だけ楽屋が別などの特別扱いを受けていた。一方で赤西さんは実力で人気を高め、亀梨さんと肩を並べるまでになった。周囲の思惑が原因なのですが、当人たちの間にも距離ができてしまった。だから山下さんが赤西さんと仲が良かった頃は、亀梨さんと親しくすることはなかったんです」

A氏は“亀と山P派”に?

 しかし山下と亀梨は、2015年に行われた「ジャニーズカウントダウン」で久しぶりに「青春アミーゴ」を披露して以来、急速に距離が縮まった(《本記事で活動自粛発表》「ジャニーズをどう変えていくか」“最強ユニット”亀梨和也&山下智久が語り明かした熱い夜【私服写真】)。2020年にはユニット「亀と山P」で新曲をリリースすることも決まっていた。

「亀と山P」のオリジナル・アルバム「SI」。2020年4月のリリースされる予定だったが、新型コロナウィルスの影響で発売延期になっている

 この頃、山下と亀梨は頻繁に酒席を囲んでいた。そして2020年7月、山下と亀梨の“女子高生モデルと飲酒”が発覚するのだ。実はこの席にも、前出の外国人男性A氏が同席していた。

「この頃、亀梨さんは酔うと『Pは世界に行く男だよ』『これから芸能界を変える男だよ』と熱く語っていたことがあるんです。自信満々に話す理由には、山下さんのバックアップをするA氏の存在もあったからでしょうね。

 A氏からすると、山下さんと仕事をするということは、“亀と山P派”になるということ。赤西さんとの関係は、清算する必要があったのでしょう」(別の2人を知る関係者)

 いまや全員がジャニーズ事務所を離れた赤西軍団。“元サヤ”に戻る日はくるのだろうか。

 1月31日(日)21時~の「文春オンラインTV」では、本件について担当記者が詳しく解説する。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(27枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー