昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/13

source : 提携メディア

genre : ライフ

成城石井の美味なるチョコ11選 バレンタイン・スペシャル

 味はプレーンの他、オレンジピールとマール・ド・シャンパーニュがあります。

#4 上質素材で奥行きのある甘さ

◆成城石井クランチチョコレート

フランス産のクーベルチョコレート(カカオ分35パーセント以上のチョコ)にあわせたのはカリフォルニア産アーモンドと小麦パフ。
成城石井クランチチョコレート 200グラム 990円。

 2020年秋冬シーズンの新作チョコ。カジュアルなイメージのクランチチョコだけれど、ワンランク上の素材を惜しげもなく使うことでおいしさ実現。

 とくに、銀色パッケージのミルク味は、奥行きのある豊かな甘さを感じさせ、編集部での人気が高かったですよ。

#5 いくつも食べたくなる禁断の組み合わせ

◆フランス風ミニドーナツ ホワイトココアクリーム

フランス風ミニドーナツ ホワイトココアクリーム 6個入り 399円。

 フランスの揚げパン「ペニエ」の製法で作ったドーナツ。ヨーロッパ産発酵バターを使った上質なチョコ菓子です。生地にココアを使用。中のクリームはホワイトチョコ。

 油分を感じさせない軽い仕上がりで、食べ出したら止まらない。油と小麦粉とチョコという禁断の組み合わせだけど、カロリーは意外と抑えられていて1個=109キロカロリーです。

 ホワイトココアクリームの他にプレーンとヘーゼルナッツクリームがあり、こちらも大変結構なお味です。

#6 インド産紅茶が豊かに香る

◆成城石井 素材を味わう紅茶チョコレート

香料不使用なのに馥郁たる味。
成城石井 素材を味わう紅茶チョコレート 200グラム 990円。

 マイルドなホワイトチョコに、インド産紅茶パウダーを合わせ、茶葉の味を生かす製法で作られたチョコ。

 紅茶の香料ではなくパウダーを使っているのがポイントで、ナチュラルな旨みを豊かに味わえます。

#7 いまだかつてないひと口チョコ

◆成城石井 素材を味わうコーヒーチョコレート(エチオピアコーヒー&エクアドル産カカオ)

コーヒー豆を砕いて中にイン。エレガントな香りに驚く。
成城石井 素材を味わうコーヒーチョコレート(エチオピアコーヒー&エクアドル産カカオ) 180グラム 990円。

 細かく砕いたコーヒー豆がはいっているので、噛むとシャリッとするいまだかつてないひと口チョコ。

 柔らかな酸味のコーヒーとフローラルな香りのチョコの組み合わせを考え付いたのが、すばらしいと思いました。

 華やかな香りで甘さが引き立ち、コーヒーの苦みを柔らげているのです。

#8 オレオ入りザ・アメリカンなケーキ

◆ザ・チーズケーキ・ファクトリーのチョコレートケーキガナッシュがけ