昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《ボクシング井岡タトゥー論争》「隠すべき・消すべき」55%がタトゥー否定の厳しい声【アンケート結果発表】

試合中に左腕とわき腹のタトゥーが露出してしまった井岡一翔選手 ©AFLO 

 2020年12月31日の大晦日に行われたWBO世界スーパー・フライ級タイトル戦で挑戦者の田中恒成選手を圧倒して、8回TKO勝ちを収めた井岡一翔選手。その試合内容以上に世間の注目を集めたのが、「タトゥー問題」だ。

汗でファンデーションが流れ、タトゥーが露出

 井岡選手は田中選手との試合中にタトゥーを隠すために塗っていたファンデーションが汗のため流れてしまい、左腕と脇腹のタトゥーが露出してしまった。試合後、タトゥーが露出したことに対し、国内のプロボクシングを統括するJBC(日本ボクシングコミッション)が「何らかの処分を検討している」と報じられたため、その是非を問う論争が巻き起こった。1月7日には彫り師の団体である「日本タトゥーイスト協会」が井岡選手の処分を巡って、「JBCは『入れ墨とファッションとしてのタトゥーの線引きは難しく、反社会的勢力の象徴としてのイメージは今なお消えていない』と主張していますが、世界チャンピオンである井岡選手と『反社会的勢力』との間に関わりがあると言わんばかりの主張は、井岡選手を侮辱するものです」などと、JBCへの抗議文を発表した。

 そこで、「文春オンライン」特集班では2021年1月13日より1月23日まで、「ボクシングの試合で選手はタトゥーを隠すべきか」を問うアンケートを実施し、657名の読者から回答を得た。回答者の72%が男性、28%が女性だった。回答者の年齢は24歳から90歳までで、幅広い年代から様々な意見が寄せられた。

リングに上がるときは隠さなければならないルール

 JBCは「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」は「試合に出場することができない」というルール(第86条)を定めている。これは入れ墨の禁止を意味するものではなく「リングに上がるときは何らかの方法で入れ墨を隠さなければならない」という決まりだ。そこで、今回のアンケートでは下記の4つから選択し、その理由も回答してもらった。

Q. ボクシングの試合で選手はタトゥーを隠すべきか?

 

 A. 隠すべきだ

 B. 隠さなくてもよい

 C. そもそもタトゥーを消さない限りリングに上がるべきではない

 D. わからない

 

 アンケートの集計結果はAの「隠すべきだ」が171票(26.0%)、Bの「隠さなくてもよい」が239票(36.4%)、Cの「そもそもタトゥーを消さない限りリングに上がるべきではない」が191票(29.1%)、Dの「わからない」が56票(8.5%)だった。「隠さなくてもよい」が最多の票を獲得したが、「隠すべきだ」「タトゥーを消さない限りリングに上がるべきではない」という、今回の井岡選手のリング上でのタトゥー露出に否定的な意見を合計すると全体の55.1%を占める結果となった。