昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「逮捕前のコインランドリー事件」福岡5歳児餓死 “赤堀ユウナ”の虚言をママ友が問い詰めた!

genre : ニュース, 社会

「赤堀はもともと早口でまくしたてるような癖のある喋り方だったので、こっち(地元)の人間ではないと思っていました。『どこどこのママが好かん』とか『あいつとはどうのこうの』という赤堀から周囲に対する愚痴を聞くことが多かった。子供同士の喧嘩に弁護士を介入させるとか、(トラブルの解決で)お金が発生したりしたという話もしていましたね」

 2020年4月18日、福岡県篠栗(ささぐり)町で当時5歳だった碇翔士郎(しょうじろう)ちゃんが餓死した事件。2021年3月2日に、福岡県警が保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇利恵容疑者(39)と、ママ友の赤堀恵美子容疑者(48)を逮捕した。両容疑者は2019年8月頃から共謀して、翔士郎ちゃんの食事を減らすなど低栄養状態にして餓死させた疑いがある。

5歳児の母親である碇と、ママ友の赤堀。両容疑者は仲が良かった

 冒頭の証言をするのは、赤堀・碇両容疑者のママ友である女性・Aさんだ。

 赤堀は碇に対し、「ママ友らが悪口を言っている」「私は味方だ」などと言葉巧みに洗脳し、周囲から孤立させていったが、その“舞台装置”としてAさんは名前を使われた。

「2018年5月頃に赤堀が『他の保護者から碇の子供のトラブルのことで訴えられている。解決のためにはカネが必要。暴力団とつながりのある“ボス”がトラブルを解決する』などと架空のトラブルをでっちあげ、約50万円を碇から詐取した。『お前の夫の浮気調査費用を“ボス”が立て替えている』などとありもしない話を次々に碇に信じ込ませ、カネを引っ張った揚げ句、ついには2019年5月に離婚に追い込んだ。また、食事制限中、赤堀は碇に対し、『監視カメラで“ボス”が見張っている』などとも言っていた」(捜査関係者)

 赤堀が“ボス”と呼んで恐れさせていたのが、Aさんなのだ。Aさんは赤堀、碇の子供と同じ小学校に子供を通わせている。赤堀とは連絡を取ることもあったが、碇とはほとんど面識がなく、まったくの無関係であるAさんをまるで暴力団に近い人物であるかのように、赤堀は碇に説明していたのだ。

 Aさんは憤りを隠せない様子で話す。