文春オンライン
「親の心、子知らずでしょうか」眞子さまにピシャリと仰った天皇陛下のお言葉の重み

「親の心、子知らずでしょうか」眞子さまにピシャリと仰った天皇陛下のお言葉の重み

秋篠宮と親交の深いジャーナリストが緊急寄稿

2021/03/15

genre : ニュース, 社会

 陛下の長女・愛子さまは、今年4月に学習院大学2年生になる予定だ。さらに、12月1日には20歳の誕生日を迎える。眞子さまとは10歳違い。早晩、結婚問題が待ち受ける。もし、愛子さまが、眞子さまとおなじような事態になったとしたら……。それは陛下としては気が気ではないだろう。今回の件を自分の家の問題として受け止めざるを得ない事情が、ここにあるのかもしれない。いや、当然、自分のこととして心配せざるを得ないのではないかと思う。

19歳のお誕生日に際して公表された愛子さまのご近影 宮内庁提供

秋篠宮家をよく知る人が、口にした言葉

 秋篠宮家をよく知る人は、最近、「親の心、子知らずでしょうか」という言葉を口にした。子供を思う親の深い愛情がうまく理解できず、子供が気ままに振舞うことや自分が親になってみないと、親の本当の愛情が分らないのではないかという意味に使われる。親になって初めて、親のありがたみが分かったという体験をした人も少なからずいるのではなかろうか。

 10年、20年たってみて、「やはり、あのとき親の意見に素直に従っておけば良かった」「やっぱり、親が言ったことが正しかった」と、思い返す人も多いのではないのか。父親も伯父様も、可愛い眞子さまのことが心配で心配で、たまらないのだ。だからこそ、いろいろなことを発言するのだと思う。決して悪く取ってはいけないだろう。

ADVERTISEMENT

 結婚したいとの強い思いは分る。しかし、ここはどうだろう。眞子さまはもう一度、両親と向き合ってじっくり話し合い、親の意見に耳を傾けてみてはいかがだろうか。素直に聞く耳を持つ姿勢が大切だと思う。そして、そのことがなにより、陛下の強い希望でもあるのだから。

2021年新年ビデオメッセージ(宮内庁提供)
「親の心、子知らずでしょうか」眞子さまにピシャリと仰った天皇陛下のお言葉の重み

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事