昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「部屋に閉じ込めて、刃物で切断した」17歳の娘を斬首し、首を持ち歩いた父親の殺害動機《現地報道写真》

2021/03/17

※本記事にはショッキングな写真があります。ご注意ください

「若い女性の切断された首を持って歩いている人がいる」

 3月3日、インド北部ウッタルプラデシュ州の警察に耳を疑う通報が入った。コンクリートで申し訳程度に舗装された田舎道を裸足で、取り乱す様子もなく歩く容疑者の男。髪の毛をつかんで無造作に首を持っている。このモザイク入りの写真がSNSで拡散し、世界の主要メディアもこのセンセーショナルな事件を報じた。

ニュースチャンネル「INDIA AHEAD」より

自ら殺害した17歳の娘の首

「周囲一帯はパニックとなっていたようです。米CNNなどによると、男は野菜売りのサルベシュ・クマール容疑者(45)で、持ち歩いていたのはなんと自ら殺害した17歳の娘の首だと判明した。クマール容疑者は『部屋に閉じ込めて、刃物で切断した』と供述しています」(大手紙国際部記者)

 娘の首を持ったクマール容疑者は、自宅から約2キロ離れた警察署に出頭するべく歩いていた。警察が駆け付けても落ち着いた様子で、首を置くように言われ、言い返すことなく従ったという。駆け付けた警察官が、容疑者と同様に娘の首の髪をつかんで警察署に運んだことから、SNSでは人権などの観点から警察も批判される事態になっている。

娘の首を地面に置き佇むクマール容疑者(ニュースチャンネル「INDIA AHEAD」より)

 なぜクマール容疑者は娘を殺害し、首を持って“晒し者”にするような行為に及んだのか。