昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「下世話」が「王道」を超えてしまう“強烈な違和感” 本当の正論はどこにあるのか?

2021/04/13

 最近つくづく思うのですが、下世話が王道を上回ってないだろうか? こんなんでいいのかと思う。

下世話の象徴=週刊誌によるツッコミ

 例をあげていきます。

 まず週刊誌。下世話さの象徴です。これに対しての王道は新聞やテレビが浮かびます。

 私は、週刊誌は猟犬だと思っている。獲物をとってくるけど、猟犬自身には「良い獲物」も「悪い獲物」もない。社会派ネタだろうが芸能人の不倫だろうが目の前にあれば獲る。スキャンダリズムが大事。なのでやたら過大評価するものでもない。

 このところ「週刊文春」という猟犬は、“東京五輪の開閉会式の演出”を口にくわえてどんどん獲ってきてます。下世話です。

 これに対して五輪組織委員会は「掲載誌回収」「文春オンライン記事の削除」を求めた。すると文春は「税金が投入されている公共性の高い組織のあり方として、異常なもの」と指摘。返り討ちでその闇体質をツッコんでいた。

橋本聖子五輪組織委員長 ©JMPA

回収要求なんてしたら逆に喜ぶに決まってる

 しかも回収要求を出された次号では組織委の「内部告発5連発」をデカデカと載せた。その見出しには、

「回収要求された小誌だから書ける」

 あーあ。

 五輪組織委は文春にエサを与えてしまった。回収要求なんてしたら逆に喜ぶに決まってる。「向こうから飛び込んできたぞー、お前も焼いてやろうか」という山賊の宴会みたいだ。言わんこっちゃない。聖火がますます炎上している。

 ただ、ここ数週の記事を読むと演出プランをただ暴露しているのではなく、開会式の演出チームがいつのまにか「乗っ取られていた」ことを追及していた。つまり莫大な税金を使うイベントの公益性を問う内容だった。