昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

黒の下着はNGなのに、白だとOK…? YouTuberとYouTube「エロ」を巡るコンプラいたちごっこ

2021/04/16

 いまYouTube界に大きな異変が起こっている。

 YouTubeといえば、いまや月間ユーザー数が6500万人を超え、人々の娯楽の王様としての地位を手にしつつあるのはご存じの通り。

 ほんの数年前までは「素人たちの内輪ウケ」と毛嫌いしていた人たちも多かっただろうが、昨年は石橋貴明、宮迫博之、手越祐也といったテレビの第一線で活躍してきた芸能人が続々と参入。その他にも、佐藤健や川口春奈のような主役級の役者たちなどが、次々にYouTubeチャンネルを立ち上げた。

©iStock.com

 これに合わせて、テレビ業界の売れっ子放送作家たちも活躍の場を求めて、YouTube界に流れ始め、一気にコンテンツのレベルが地上波番組ともそん色ないものになってきた。

 その結果、テレビではよく見る人気タレントにも関わらず、チャンネル登録者数が1万人にも満たないケースが多々発生している。

猛烈な勢いで急増中の“微エロ”YouTuber

「YouTubeは、いまやプロでさえ苦戦する完全なレッドオーシャンと化していて、YouTubeドリームを手にしようと、いまさら素人が動画投稿をはじめたところで、再生数を稼ぐのは至難の業となっています」(YouTubeに詳しいライター)

 しかし、そんな状況のなか、猛烈な勢いで急増しているのが、“微エロ”YouTuberだ。微エロとは読んで字のごとしで、ソフトなエロコンテンツのこと。

「YouTubeが公表する『コミュニティガイドライン』ではヌードや性的コンテンツのアップロードは禁止されています。なので、このジャンルはエンタメ系のようにプロが進出していないんです。そこに目をつけた人たちが、規制にひっかからない程度の“微エロ”動画を投稿し、再生数を伸ばしているんです」(同前)