昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「やっぱり私は医者なんだ」西川史子50歳が振り返る「年収4000万」への思い、タレント業を減らした“舞台裏”

西川史子さんインタビュー #1

2021/05/02

source : 文藝春秋 digital

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, ライフスタイル, 働き方

 まだ文化人枠が少なかった90年代末から「ミス日本の女医」として芸能活動を開始し、20年にわたってテレビを賑わせてきた西川史子さん。4月に50歳を迎えたばかりの西川さんに、芸能界の第一線から距離を置く理由や、これまでのタレント業での思い出などについてじっくり伺いました。(全3回の1回目/#2に続く)

西川史子さん

◆ ◆ ◆

50歳を迎え、運命に流されず、逆らわず

――4月に50歳のお誕生日を迎えられたとのこと、おめでとうございます。50歳になってみて心境の変化などありましたか。

西川史子さん(以下、西川) ありがとうございます。運命に流されず、逆らわずみたいな心境ですね。苦しんだり我慢したりするのではなく、楽しい時間を増やしていきたいなと、ゆるく考えています。ただ、勤めているクリニックの看護師さんがわざわざ、細木数子の六星占術を読み上げてくれたおかげで、自分が大殺界中であることを知りまして。細木さんいわく来年まで動くなということだったので、落ち着いて、穏やかに過ごしたいですね。

――2020年1月からタレント業を大幅に減らしはじめ、2020年3月には『サンデー・ジャポン』を卒業。本業である医師としてのお仕事へと軸足を移されたんですよね。これまでの生活とかなりギャップがあったのではないでしょうか。

西川 テレビの仕事は時間帯が普通ではなかったので、クリニックでの9時から19時勤務という人間らしい暮らしに慣れるのに時間がかかりました。普通の時間に帰ってきてココとしのぶ、2匹の犬にご飯をあげて、それから自分の夕飯を食べる……みたいなことがずっとできていなかったことに気がつきました。あとはまあギャップというか、目が見えなくなってきたという実感はあります(笑)。作業に応じて、老眼鏡を毎回替えなきゃいけない。

 

「やっぱり私は医者なんだ」と原点に戻った

――なぜ昨年のタイミングで医業をメインにするキャリアシフトを決断したのですか。

西川 それこそ50になる前に今後の人生をどうしていこうか、考えた結果でした。離婚後も以前と同じような生活を送っていたんですけど、もっと「自分の軸になるもの」は何だろうかと。自分は一体何者なんだろうという考えに立ち返った時、「やっぱり私は医者なんだ」と原点に戻った感じですね。医者になるのには大金がかかっていますから、その元を取らなきゃっていうのもあります。