昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

星野仙一さんから松井裕樹投手まで…約10万個所有のコレクターが綴る“楽天ガチャ”の世界

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/06/02

 楽天イーグルス大好きおじさん「ワッキー貝山」です。

 ローカルタレントを生業としています。コロナ禍でホント大変ではありますが、楽天が勝てば勝つほど士気も上がっていきますので、皆で応援すってよ~。

 さて、先日5月16日は初コラムにて登場! 同日対オリックス戦で先発したルーキー早川隆久投手が9回98球3安打無失点という素晴らしい内容で勝利を収め、私のコラムも上々発信と息巻いておりましたが、結果、元オリックス星の王子さまことレジェンド・星野伸之さんにWスコアの敗退!

 そりゃ~ど素人の一般ピープルが勝てっこないよ! なんて……おだって(宮城弁でふざけての意味)みたけど、悔しかった~。んで今回は満を辞してのガチャガチャ話。

 実は私、収集歴43年、約10万個のガチャガチャ(カプセルトイ)を保有し、ガチャガチャ関連書籍を5冊出している、ちょっとしたビンデージガチャガチャ収集家なのです。

誤回答連発したガチャガチャ当てクイズ

 以前、楽天生命パーク宮城のイベントステージにて、ガチャガチャ当てクイズのイベントをやらせていただきましたが、誤回答連発で大いに盛り上がりました! どんだけ難しいのか? やってみますか? はい! では問題です。

 Q.こちらの消しゴム! ズバリ誰でしょう?

©ワッキー貝山

 (1) 現役時代は中日ドラゴンズ、背番号20をつけていました。

 (2) 2013年楽天イーグルス日本一へ導いてくれた闘将と言えば……

 そうです正解は、星野仙一元監督。どうですか? 似てますかね?

 星野さんの現役時代の名シーンのひとつといえば、プロ野球珍プレー好プレーでテープが擦り切れるほどみたあの珍場面。

©ワッキー貝山

 外野に飛んだボールをまさかのヘディング~(みのもんた風)。

 何回もリピートされ、その後、ピッチャーだった星野さんがキレてグラブを叩き付けるシーン。

 そうです中日・宇野選手のまさかのヘディングシーン。

 昭和のプロ野球の記憶が蘇ってきますねえ。

 Q.続いてはこちら……

©ワッキー貝山

 これ実はクレヨンで出来てます。良く見るとマスクを被ってますね。キャッチャーです。つぶらな瞳で遠くを見つめています。そしてこんなものも……。

©ワッキー貝山

 女子が思いを馳せて机の上に置いて眺めるフォトフレーム。今は無き南海ユニフォーム。

 はい、皆さんもうおわかりですね、そう! 野村克也元監督。こんなのも出ていたんですね。

 Q.最終問題!

 2003年、バンダイから「メジャーリーグのソフビコレクション」なるガチャガチャが発売。イチローや佐々木主浩、野茂英雄らと共にラインアップされていました。当時、ロサンゼルス・ドジャースに所属していた左投げの日本人ピッチャーと言えば?

©ワッキー貝山

 そう! われらが石井一久監督です。似ていますか? クオリティ良し、特徴バッチリ! 指人形はめて球場に応援に行こうかな~。