昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/04

「キューバ国民誰もが悲しみに暮れています」

――しかし残念ながら、アリエルは負傷で戦列を離れています。五輪予選を兼ねたキューバ代表の試合にも参加を断念していましたね。

「はい。彼も悔しがっていましたが、怪我の状態はかなり良くなっているようです。“もうすぐ試合に復帰できるよ”と話していました。離れて暮らしていますが、私は彼を支えるためにできる限りのサポートを続けるつもりです」

――キューバ代表には、中日ドラゴンズからはライデル・マルティネス、ジャリエル・ロドリゲスも招集されているため、ドラゴンズファンからは非常に注目されています。キューバ国内では今の代表チームは主にどう見られているでしょうか?

「まず、キューバ国内ではまだまだ新型コロナウイルスに対するワクチン接種が進んでいないんです。医療従事者と観光業に就いている人だけで、その他の国民にはこれから段階的に接種が進めて行こうとしています。なのでまだまだ生活に対する制限もありますし、娯楽も限られている。その分、代表チームへの注目は高いです。ライデルやジャリエルのイメージが強いので、日本では若いチームと思われているかもしれませんが、実際は今のキューバ代表はベテランを中心とした、選手それぞれの役割がハッキリしている成熟したチームなんです。もちろん、ライデルとジャリエルは間違いなくキューバ代表の中心選手ですので、彼らへのプレッシャーも決して軽いものではないと思いますが」

――ただ、キューバ代表はフロリダで行われた予選でまさかの2連敗を喫して、早々に東京五輪出場を逃してしまいました……。

「はい、それに関してはアリエルも私も、そしてキューバ国民誰もが悲しみに暮れています。当然五輪には出場するものだと考えていたので……。今回アリエルは怪我で招集されなかっただけなので、東京五輪でキューバのためにプレイすることを心待ちにしていました。でも、その分怪我が治ったらドラゴンズでのプレイに全力を尽くすと思いますよ!」

――ありがとうございます! では最後に、中日ドラゴンズのファンに向けてメッセージをお願いします。

「中日ドラゴンズのファンの皆さん、日々アリエルを応援してくれて本当にありがとうございます。私たち家族全員が、日本の皆さんの手厚いサポートと、アリエルに対するリスペクトにどれだけ助けられているかわかりません。どうか今後も、アリエルへの声援を続けてください。それが私と、娘エイミーの願いでもあります」

――産後の大変な時期に取材に応えてくれてくれて、本当にありがとうございました。カミーラ、次は日本で会いましょう!

「はい! その時は、家族全員で!」

(本人提供)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/45302 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(5枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

中日ドラゴンズの記事一覧