昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【父親殺害容疑で再逮捕】「夫は死にたい気持ちに共感した」大久保容疑者の妻が語る“安楽死請負の動機”《京都ALS女性嘱託殺人》

genre : ニュース, 社会

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者が急性薬物中毒で死亡した事件をめぐって、嘱託殺人罪などで起訴された呼吸器内科医の大久保愉一(よしかず)容疑者(43・仙台市)と泌尿器科医の山本直樹容疑者(43・東京都)の2人と、山本容疑者の母・淳子容疑者(76・長野県)について、京都府警は5月12日、2011年に山本容疑者の父(当時77)を殺害したとして殺人容疑で逮捕した。

 医師2人は2019年11月、京都市内のALS患者女性(当時51)に頼まれ、自宅で薬物を注入して殺害したとして、2020年7月に京都府警に嘱託殺人容疑で逮捕、8月に起訴された。

 逮捕当時に公開した5本の記事を再公開する。(2020年7月24日公開。年齢・肩書き等は当時のまま)

「ツイッターのことも、事件のことも、お金を受け取っていたことも知りませんでした。私は、時間を切り売りして医療行為をする行為、外でのアルバイトをずっと反対していたので主人は隠れてやっていました。(共犯の)山本という医師もまったく知りません。昨日の夜も朝も様子は普通でしたし、連行されるときも引き継ぎのことを話したくらいです」(大久保三代氏)

妻は「魔の2回生」と同期

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者女性(51)の依頼を受け、殺害した疑いがあるとして7月23日、京都府警に逮捕された医師の大久保愉一容疑者(42)と山本直樹(43)。逮捕を受け、7月23日に大久保容疑者の妻である元衆議院議員の大久保三代氏(43)が、夫が経営していたクリニックの前で「文春オンライン」の取材に応えた。

大久保容疑者 (クリニック公式サイトより)

 大久保容疑者が三代氏と結婚したのは2011年。その翌2012年、三代氏は自民党の推薦で宮城5区で衆議院選挙へ出馬。対立候補に3万票の差をつけられたが、比例で復活当選を果たした。かつて「魔の2回生」と呼ばれた、宮崎謙介、金子恵美、豊田真由子、中川俊直らと同期でもある。

「議員として活動していた三代氏ですが、2014年の衆議院選挙で党から公認を貰えず出馬を断念。2015年以降は仙台市議会議員選、宮城県議会議員選、仙台市長選などに立候補したがどれも落選しています。最近では今年7月12日の名取市長選にも出馬しましたが、現職市長に大差で敗れ落選している。

 夫の大久保容疑者はこれまで妻の選挙を支えていたが、周辺では“変わり者”として有名だった。三代氏の相手陣営の演説会場に乗り込んで旗を振ったり、罵声を浴びせたり、過激な行動をとっては目立っていました」(地元紙記者)

大久保三代氏の公式ブログ