文春オンライン

【マンガ】「被害者は死んでたほうがいい」半グレ轢き逃げ犯に雇われた‟悪徳”弁護士が握る「片脚の値段」

『九条の大罪』第1集第1審

2021/05/28
 
 

 単行本累計発行部数1800万部の伝説的漫画『闇金ウシジマくん』(小学館)の作者・真鍋昌平さんの最新作『九条の大罪』(小学館)。主人公は、裏社会が絡む案件を扱う弁護士・九条間人(くじょうたいざ)。ひき逃げ犯の半グレや、反社会的勢力とつながる悪徳介護施設関係者など、裏社会が絡む案件を扱う弁護士だ。法律と道徳は別という‟依頼者本位”のダークヒーローを描いた同書より、第1審「片脚の値段」を紹介する。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

九条の大罪 (2) (ビッグコミックス)

真鍋 昌平

小学館

2021年5月28日 発売

九条の大罪 (1) (ビッグコミックス)

真鍋 昌平

小学館

2021年2月26日 発売

【マンガ】「被害者は死んでたほうがいい」半グレ轢き逃げ犯に雇われた‟悪徳”弁護士が握る「片脚の値段」

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
プロマンガ家募集!私たちと新たな作品を生み出してみませんか?応募はこちら

関連記事