昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

――康平さんが亡くなられたと聞いたときは驚かれましたか?

「そりゃあびっくりして。やっぱりこんなこと言ったらあれだけど、何で命まで絶つのかなって。普通って(言うと)おかしいけど(日本は)法治国家じゃないですか。そういうルールに基づいてビシッと何でやってくれなかったかなって僕はそう思いますよ」

――亡くなられたことは誰から聞きましたか?

「弁護士から。そのあとA子さんからも連絡がきました。亡くなったって。それ以上のことは彼女だってびっくりして動揺しているからあまり聞けていない。弁護士からは『香月さん、とりあえず損害賠償については一応これでないと思いますよ』って言われたんです。『そんなこと心配しないで選挙に集中しなさい』とも言われた」

直撃に答える香月正議員 ©文藝春秋/宮崎慎之輔

――亡くなった場所も2人がお会いした場所だと聞いています。

「それは俺は知らないよ。一切」

――康平さんが亡くなってしまったということについて、どう思いますか?

「そこがね。『何で?』って。亡くなったって、なぜそこまで子供さんも遺して(命を)絶つのって事さ」

 身の潔白を訴えた香月氏。5月30日投開票の市議選を控え、取材の途中でも、支援者が自身の前を通ると深々と頭を下げていた。

 A子さんにも電話で取材を申し込んだが、「弁護士を通してください」と話すのみだった。

康平さんとA子さんの結婚式の写真 ©文藝春秋/細田忠

パソコンに残っていた「音声ファイル」

 大きく食い違う香月氏の証言を受けて、関東地方に住む康平さんの妹に改めて取材を申し込むと、「新たな証拠が見つかった」という。

「(康平さんの)パソコンにはロックがかかっていたので、開けることが出来ませんでしたが、その暗証番号がわかったんです」(康平さんの妹)

 パソコンを調べた結果、香月氏とA子さんの会話の入った「音声ファイル」が見つかったのだった。

#3に続く

 5月22日(土)21時からの「文春オンラインTV」では、担当記者が本件について詳しく解説する。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(21枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー