昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2017/10/17

 性暴力は、誰にも経験して欲しくない恐怖と痛みを人にもたらす。そしてそれは長い間、その人を苦しめる。

 なぜ、私がレイプされたのか? そこに明確な答えはない。私は何度も自分を責めた。

 ただ、これは起こったことなのだ。残念ながら、起こったことは誰にも変えることができない。

 しかし、その経験は無駄ではなかったと思いたい。私も、自分の身に起きて初めて、この苦しみを知ったのだ。この想像もしていなかった出来事に対し、どう対処すればいいのか、最初はまったくわからなかった。

 しかし、今なら何が必要なのかわかる。そしてこれを実現するには、性暴力に関する社会的、法的システムを、同時に変えなければいけない。そのためにはまず第一に、被害についてオープンに話せる社会にしたい。私自身のため、そして大好きな妹や友人、将来の子ども、そのほか顔も名前も知らない大勢の人たちのために。

 私自身が恥や怒りを持っていたら、何も変えることはできないだろう。だから、この本には率直に、何を考え、何を変えなければならないかを、書き記したいと思う。

©文藝春秋

「どう起こらないようにするか」

 繰り返すが、私が本当に話したいのは、「起こったこと」そのものではない。

「起こってしまった場合、どうしたら助けを得ることができるのか」

 という未来の話である。それを話すために、あえて「過去に起こったこと」を話しているだけなのだ。

 この本を読んで、あなたにも想像してほしい。いつ、どこで、私に起こったことが、あなたに、あるいはあなたの大切な人に降りかかってくるか、誰にも予測はできないのだ。

Black Box

伊藤 詩織(著)

文藝春秋
2017年10月18日 発売

購入する

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー