昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/30

わたし 自分も昔は家族で過ごすとかが楽しいと思ってなかったよね。

 そうだね。俺は子どものころからそうだったんだよね。家族で食事に行くとかが、一番退屈だった。結婚してからも、また海行くの? 何しに? と思っていたし、一番わかんないのは温泉。え、わざわざお湯に浸かりに行くの? って。

わたし (笑)。でも今は、家族と過ごすことが心から楽しいと思うようになったの?

 そうだね。

「やっぱりね、時間だと思う。もう二度と戻らない今という時間。」

わたし なにが変わったら、今まで物理的につまんないと思っていたものが楽しめるようになるんだろう?

 やっぱりね、時間だと思う。もう二度と戻らない今という時間。男友達とは20代のときも30代のときもこれから一生いつだって飲みにも行けるけど、子どもたちが育っていく様を見て、これは今しかないんだと思ったら、人生振り返ってみて初めて違う何年間だったなと感じてさ。そういうリミテッドなことを知ったことで家族で海に行くとかピクニックするとか、今しかない大切な時間をかけがえのない家族と過ごすことこそが人生の豊かさだと感じるようになって、それからはその時間が心から楽しい時間だと思うようになったね。

©iStock.com

わたし 昔は結婚してもなにも変わらない俺がイケてると思っていたのにね。

 それは昔は、またピクニックか。でも家族できちゃったし仕方ない、と家族サービスのような気持ちになっていたんだけど。

わたし 家族サービスってなんなの? 大嫌いその言葉。そんなふうに思われてる相手と大事な時間を一緒に過ごしたくない。

 わかるわかる。でも、月から金まで働いて、やっと自分の時間なんだけどその時間で自分のやりたいことじゃなくて家族がやりたいことするみたいなさ。

わたし やりたいことが同じだったらいいわけだよね。よーし月~金働いたぞ! 家族と遊ぼうー! だったらさ、みんなハッピーなわけでしょう。

 そうだね。俺は価値観が変わって、今は家族でピクニックをしたいと思うようになったよ。

【前編を読む】「沐浴させず、胎脂もそのままにしました」夫に驚きながらも喜ばれた吉川ひなの流“洗わない”“おむつなし”育児術

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー